2014年8月4日月曜日

人為的温暖化危機なんて嘘っぱち(笑)

ライブドアブログの過去エントリ保管庫から再upしてみました。
人為的温暖化危機なんて嘘っぱち(笑):
http://blog.livedoor.jp/nagatsuki07/archives/1796908.html

アメリカ海洋大気圏局のデータ疑惑(2010年02月16日):
Haruさん
--------
mixi Haruさん wrote:こちらは1/27の私の日記に掲載したもので、ちょっと情報が古いですが、資料として公開します。 
この日記を書いた後、Phil Jonesが情報公開法違反を認定され、IPCCレポートを巡る不正が続々と明るみに出たため、リードオーサーを含めIPCCの科学者たちが次々とIPCC・地球温暖化批判を展開する事態となっています。
12/5に書いたこの日記の前編は、California大の友人が以下のBlogに転載してくれました。 
-- 
昨年11月に勃発したClimategateで地球温暖化を巡るデータ不正・捏造は世間の知るところとなりましたが[1]、今年に入ってClimategateは下火になるどころかあちこちに飛び火しています。 
イギリスのTimesが先週、
『ヒマラヤの氷河が2035年までに溶けてなくなる可能性が高い』 という国連IPCCの報告が一人のインド人の拠のない憶測だったことをすっぱ抜きましたが[2]、今週は、『温暖化で台風や洪水等の自然災害が多発する』 というIPCCの警告に科学的根拠がなかったことを、またまたイギリスのTimesがすっぱ抜いて話題になっています[3]。 
IPCCはこのウソに2008年の段階で気付いていながら、訂正せずにずっと黙っていたそうで、極めて悪質。 
また、IPCCの代表執筆者の一人だったJohn Christy教授(Alabama大学)は、IPCCが地球温暖化の恐怖を煽るため科学を平気で歪曲していたことをCNNニュースで告発していましたし、IPCCは“国際ペテン師学会”と改名すべきかもしれません。
実際のところIPCCの報告書は科学的な裏付けのない“温暖化の証拠”で溢れており、第二・第三の“ヒマラヤ”になりそうな事例を挙げると、 
・地球温暖化が原因とされるツバル水没は、防波堤の役目を果たしてきたサンゴ礁がゴミ廃棄で壊滅したことが原因であること[4]。 
・北極の氷の減少は地球温暖化ではなく海流(熱塩循環)の周期的な変化が原因であるとNASAのジェット推進研究所(JPL)のチームが突き止めており[5]、チームの予測通り2007年を境に海氷面積は増加に転じたこと[6]。 
・キリマンジャロの氷河の消失は130年前の気候変動による降雪量の減少が引き起こしたのであり[7]、温暖化が直接の原因でないことをタンザニア気象局も認めていること[8]。
アマゾンの熱帯雨林の40%がなくなる、アフリカの農業が壊滅的な打撃を受ける・・・ 
IPCCが実しやかに捏造した話は他にもたくさんあります。 
最近はリベラル系メディアのCNNですら、 
“本当に地球が温暖化しているのか再調査する必要がある” と懐疑的な姿勢に転じていますけど、私に言わせると、気付くのが遅い。 
(上)のグラフは地球平均気温の変化を表したもので(20世紀平均からの偏差)、ピンクはHadley CRUT(イギリス気象局とEast Anglia大学・気象ユニット)、青はUAH MSU(Alabama大学)の公表しているもの、共にIPCCの最重要指標です。 
グラフからここ10年、地球気温は低下の一途を辿ったことが分かりますが、昨冬に続いて今年もアメリカやヨーロッパ、アジアは記録的な大寒波に襲われており、大量の死者も出しています。IPCCの発表を信じると、『地球は20世紀に0.6℃温暖化した』 そうですから、ここ10年で0.3℃の寒冷化は確かに急激な気候変動だったわけです。 
尤も、『20世紀に0.6℃温暖化』も、これから述べるように大ウソであった可能性が極めて高いです・・・
Climatagete事件で真っ先に炎上したのはイギリスのEast Anglia大学・気象ユニット(CRU)でしたが、本当の震源地は、Harryというプログラマー(学生?)の書いたメモ[9]を発端に明らかになりました。 
Harry君はCRUで世界中の気温観測ステーションのデータを整理していたようですが、Climategateで流出したメモによると、 
“何てこった! (CRUの)データベースには何百というダミーのステーションが登録されている。 しかも同じステーションのデータがあちこちに何度もコピーされている。 こいつは糞ったれだ!” 
彼はきっと、見てはいけない物を見てしまったのでしょう。 
CRUの使っていた気温データの多くはアメリカ海洋大気圏局(NOAA)から提供された物だったため、疑惑の目は必然的にNOAAに向けられましたが、蓋を開けてみるとNOAAこそ地球温暖化詐欺の巨大な震源地だったわけで・・・ 
NOAAは世界中の6,000基もの気温観測ステーションを使って(ステーション自体は13,000基存在)、地球の気温データベースを作成しており、NOAAのデーターベース(GHCN)はCRUやNASA・GISS(米国航空宇宙局Goddard宇宙飛行センター)など世界中の研究機関が利用しています。 
ところがメディアでも報道されているように、NOAAは温暖化を示す一部のステーションのデータだけを公表し、温暖化を示さない大多数のデータは破棄していたことが発覚。 
グラフ(中)はNOAAの公表している世界の気温のデータ数(=統計に入れられているステーション数)ですが、1980年以降、急激に減少しています。 温暖化を示しているステーションだけを選別したのですから、地球気温はステーション数に反比例して急上昇しています(ピンク)。 
詳細に調べてみると、1963年にアメリカでは1,850基の気温観測ステーションが稼動していましたが、80年代以降、データとして利用されるステーションはどんどん減り、2007年には僅か136基のみが稼動している状態でした。 
生き残ったステーションも都市化・温暖化の起きている地域に極端に集中しており、例えばCalifornia州はSan Francisco空港と、Los Angelesのダウンタウンとビーチに設置された合計4基のステーションだけ、Hawaii州に至っては飛行場に設置されたたった1基のステーションしか使われていません。
アメリカ国外でも、例えば高山性気候で寒冷化の進むボリビアの気温観測ステーションのデータは1990年を境に統計から外されており、それにも拘らず昨年の世界温暖化マップでボリビアは顕著な温暖化を示しています(下のグラフの青い四角)。 
20年間もステーションが稼動していないのにどのように気温を測定したのか不思議ですが、調べてみるとボリビアの気温は、なんと1,200 km離れたペルーのビーチとアマゾンのジャングルに設置されたステーションの物がコピーされていたそうで。
カナダの気温観測ステーション数も、600基から2009年には35基にまで不自然に減っていますが、温暖な地域のステーションのデータが寒冷な内陸部にそのままコピーされ使われていて(下のグラフの緑の四角)。 
プログラマーのHarry君が見つけて驚いたのは、きっとこのことだったのでしょう。 観測ステーションの廃止や測定機器の故障というのならまだ分かりますが、データ上、存在しないはずのステーションには今でも観測員が常駐しNorth CarolinaのNOAA本部へデータを送り続けており(無人の物もあります)、どうやら温暖化を示さないステーションのデータはNOAA内部で蒸発してしまうようです。 
IPCCの次期レポートには、 『地球温暖化で観測データが蒸発する』 と載るのは間違いなさそうですが、因果関係は逆。 他にも、NOAAは数々の不正を行っていたことが指摘されています。 
前編にも書きましたが、市民が調査を行ったところ、NOAAの気温観測ステーションはエアコンの排熱口の近くやアスファルトの駐車場の上など暑い場所に移動されており、全米のステーションのなんと89%が不適切な場所に置かれていたことが発覚しています[10]。
また、NOAAの公表している気温データ自体、不自然な補正の施されていることが多くの研究者によって指摘されています。 
NOAAはステーションの原データではなく、標高や天候などローカルな要因を“補正”したものを公表していますが、どのような補正を行っているのか公開していませんし、原データの公開については頑なに拒否していました。 
この補正が科学的手法だったのか、それとも完全な捏造だったのか、他の科学者は知る由もないわけで。 
NOAAの補正に疑問を抱いた研究者らは、幾つかの温度観測ステーションに乗り込んで原データの調査を行ったところ、驚くべきことが分かりました。 
このグラフ(3つまでしかグラフを載せられないので、別途どこかに載せます)はCalifornia州Davis市の温度観測ステーションの原データ(青)と、NOAAが公表している補正後のデータ(赤)。 
原データでは長期的な寒冷化が見られますが、補正後のデータではなんと顕著な温暖化が現れています。 
オーストラリアやニュージーランドのデータを前編に載せてありますが、見付かった原データはいずれも温暖化を示していませんでした。 
(恐らく証拠隠滅のため)原データの多くが既に破棄されており断定はできませんが、どうやら地球温暖化はNOAAの“謎の補正”によって生み出された物であり、どのようなクライテリアで補正を行ったのかNOAAが公表しない限り、本当に地球温暖化が起きていたのか評価出来ません。
NOAAの観測データはCRUやNASA・GISSが発表している地球気温のベースにもなっており、 『200X年は観測史上X番目に暑かった』 というNASAの発表も、もはや全く信用できないわけです。 
ではNOAAだけが悪者で、CRUやNASA・GISSは騙されていただけかというと、どうやらそれも違いそうです。 
Phil Jones教授などCRUの連中は科学ジャーナルの査読プロセスを政治力で支配し、温暖化に否定的な論文の掲載を拒否し“懐疑派”の粛清を行っていましたし、イギリス気象局(UK Met Office)と共謀し温暖化に不都合なデータを隠蔽・改竄・破壊していたこともメディアで報じられています。 
NASA・GISSのJames Hansen所長も“補正”や原データについての情報公開請求を悉く無視していましたから(情報公開法違反で訴訟になっています[11])、結局、みんなNOAAのデータ不正・捏造を知った上で利用していたのでしょう。
温暖化研究でNOAAは年間4億ドル、NASAに至っては年間13億ドルもの助成金を得ています。 
温暖化の警鐘を鳴らすほど得る物も大きいわけで 、IPCCを含め業界の中枢部が金で完全に腐っていたのでは、というのが私の感想です。 
地球温暖化がここまで大きく叫ばれるのはもちろん利益を得ている人間がいるからで、ノーベル平和賞のAl Goreは温暖化ファンドや原発絡みで1億ドルも荒稼ぎしていましたし、IPCCのRajenda Pachauri議長も温暖化ビジネスで一財産築いており[12]、メディアによって金の流れが明らかにされれば地球温暖化詐欺の構図が自ずと見えてくるのではないでしょうか。 
Obama政権は“グリーン・ニューディール政策”とやらに1,500億ドルもの巨費を注ぎ込もうとしていますし、ヨーロッパ各国も多額の税金を温暖化対策に費やしています。 
日本も産・官・学を挙げて二酸化炭素削減に突っ走ろうとしていますし、CRU、IPCC、NOAA、NASA・GISSなど、温暖化研究の頂点に君臨する研究機関が共謀し世界中を騙していたのは、まるでオペラ『ファルスタッフ』のフィナーレのよう。 
“Tutto nel mondo è burla!(世の中すべて冗談さ!)” 
Climategateに限らず、科学の世界ではデータ不正・捏造が後を絶ちませんが、それらの多くは個人の不正に過ぎず、今回のClimategateは業界がグルになって悪事を働いていたという点で科学界に与える後遺症は測り知れないでしょう。 科学に携わる者としてこれ程の無力感に打ちのめされたことはありませんが、科学の不正は科学によって正すしかないことは認識しているつもりです。 いずれにせよ、今後暫くはFBIとScotland Yardに頑張ってもらうことにして、私はこの辺でペンを置きたいと思います。 ●ニュージーランドの気温変化、上がGHCN発表(NOAAの補正が施されたもの)、下が生データ。
●オーストラリアのDarwin空港の近くのステーションのデータ、赤がGHCN発表で、青が生データ
●San Francisco郊外のDavisの気温データ、赤がGHCN発表で、青が生データ。 
いずれも、NOAAの補正によって地球温暖化が演出されたことが分かります。
References:
[1] S. Mosher and T.W. Fuller, Climategate The Crutape Letters, Amazon Digital Services (2010).
[4] 小林泉, 国際開発ジャーナル2008年8-11月号『水没国家ツバルの真実』.
[5] J. Morison et al., Geophys. Res. Lett. 34 (2007) 07604.
[7] T. Mölg et al., Int. J. Climatol. 28 (2008) 881.
(転載おわり)

人為的地球温暖化危機なんて、守銭奴が目論んだインチキ、イカサマ、ペテンということが良く分かりますね。
日本の気温観測地点も有人から無人になったことで、宿舎部分の土地が民間に払い下げられたことにより、観測地点の環境変化が起きました。
民家等が観測地点に接近する(都市化の影響)。
或いは、無人化されたことにより観測点の回りに雑草が伸び、風が通らなくなってしまった(日だまり効果)。
既に、気温測定に測定点での気温記録の連続性は消滅している..ということです。

これでも、まだ、温暖化教を信じてお布施をしますか?(笑)
(2010年02月)
--------------

120 件のコメント:

  1. 1. その蜩 2010年02月16日 15:38
    世界規模の金融詐欺なんでしょうかねえ…。

    返信削除
  2. 2. ニッポニア・ニッポン 2010年02月16日 18:47
    「地球温暖化対策税(環境税、炭素税)」という詐欺税(笑)。
    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=民主党+政策集+地球温暖化対策税
    とか、環境税(笑)。
    http://news.google.co.jp/news/search?um=1&cf=all&ned=jp&hl=ja&q=%E7%92%B0%E5%A2%83%E7%A8%8E
    http://news.google.co.jp/news/search?pz=1&cf=all&ned=jp&hl=ja&q=%E5%9C%B0%E7%90%83%E6%B8%A9%E6%9A%96%E5%8C%96%E5%AF%BE%E7%AD%96%E5%9F%BA%E6%9C%AC%E6%B3%95
    われわれはいったい、何をどうしたいんだ?(笑)。

    返信削除
  3. 3. 9月 2010年02月17日 02:06
    To その蜩さん
    >世界規模の金融詐欺なんでしょうかねえ…。
    国際ネットワーク詐欺団(笑)。

    返信削除
  4. 4. 9月 2010年02月17日 02:08
    To ニッポニア・ニッポンさん
    >「地球温暖化対策税(環境税、炭素税)」という詐欺税(笑)。
    環境関連だけで、一体いくつの税が新設されようとしているのか、私にも把握不明になってきました(笑)。
    でも、今年がヤマでしょうね。

    返信削除
  5. 5. 9月 2010年02月17日 02:10
    mixi「温暖化」コミュより転載:
    2010年02月16日 16:06
    TSUNEさん
    日本でも、そのようなことを言ってる大御所がいないわけではないですね。でも、それらの人たちは、ほとんどが、定年退官された名誉教授です。
    現役の大学教授には、気象庁OBが多い。気象学会の会報誌の編集委員などみても、ほとんどが気象庁と関連の独立行政法人の研究者および気象庁OBの教授です。
    日本で、CO2による温暖化について肯定的な気象学の大学教授の経歴をみると、ほとんどが気象庁OBですね。それに独立行政法人の研究者。これらの人たちが政府の推薦を受けてIPCCに参加している。
    -----------------

    返信削除
  6. 6. 9月 2010年02月17日 02:12
    2010年02月17日 00:52
    Haruさん
    TSUNEさん、
    ヒマラヤやアマゾンの件以外でも、IPCCのレポートは科学的バックグラウンドのない登山雑誌、WWFや Greenpeaceが書いた記事からの引用が数10箇所も見つかり、中には学生のレポートを引用していたものもありました。
    Pachauri議長の脱税・マネーロンダリング疑惑もあり、IPCCの信用は地に堕ちてしまい、アメリカでは学界の大御所やアメリカ物理学会の重鎮たちが真相を究明すべく動き始めましたし、IPCCの科学者の間でもIPCC批判が起こっています。
    Obama大統領をはじめ議会民主党は温暖化を強力に支持していますが、どういう風に決着させるのでしょう・・・
    タクさん、
    Obama政権にはCRUの不正への関与が疑われるJohn Holdrenがアドバイザーとして入っていますし、Al Goreの影響力も非常に大きいです。
    彼らが権力の中枢にいる以上、温暖化詐欺の捜査は遅々として進まないかもしれません。
    ただ、今年の中間選挙は共和党の圧勝が予想されており、共和党主導の議会は温暖化詐欺の徹底究明を行うでしょう。
    最近の出来事としては、CRUのPhil Jonesが自白を始めたようです。
    ・95年以降、地球は温暖化していなかった。
    ・20世紀が特別に暑かったわけではない。
    ・CRUの発表した地球平均気温には怪しげな点がある(not well organized、だそうです)。
    -----------------

    返信削除
  7. 7. 9月 2010年02月17日 02:19
    IPCCやNOAA、CRUといった人為的地球温暖化危機の権威の嘘、捏造がどんどんと暴かれていってますね。
    鳩ぽっぽはどうするのかな?(笑)

    返信削除
  8. 8. ニッポニア・ニッポン 2010年02月17日 02:45
    「地球温暖化防止」研究にたーっぷり税金を流し込んだ責任はどこにあるのでしょうかねぇ・・・。官学連携詐欺団の皆様(笑)。
    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=site%3Akaken.nii.ac.jp+地球温暖化

    返信削除
  9. 9. ニッポニア・ニッポン 2010年02月17日 02:57
    ■地球温暖化対策推進本部
    http://www.kantei.go.jp/jp/singi/ondanka/
    【根拠】
    ■地球温暖化対策の推進に関する法律(平成10年法律第117号)
    http://www.kantei.go.jp/jp/singi/ondanka/konkyo.html
    【経緯・構成員】
    http://www.kantei.go.jp/jp/singi/ondanka/keii.html

    返信削除
  10. 10. ニッポニア・ニッポン 2010年02月17日 02:58
    >※『住宅版エコポイント制度』は、経済産業省、国土交通省、環境省の三省合同事業として実施
    http://www.meti.go.jp/topic/data/houseecop2009.html
    こういうのは、役所が暴走してるようなものなのに・・・。目的手段倒錯詐欺施策は、伝染病のように官学政業に蔓延して蝕んでしまうようです(笑)。
    霞が関に無尽に湧いてくる麻薬のチカラはおそろしい(笑)。

    返信削除
  11. 11. ニッポニア・ニッポン 2010年02月17日 03:01
    ■感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律
    (平成十年十月二日法律第百十四号)
    http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H10/H10HO114.html
    ついでに、これも置いときます。

    返信削除
  12. 12. ニッポニア・ニッポン 2010年02月17日 03:11
    公務員制度改革という、公務員リストラ、頭数減らし政策は、いきなり口減らし政略じゃだめでしょう。まずは、業務や役所仕事を減らし予算を減らせるようにしなきゃいけないわけですから。つまり、制度や規制を大幅に減らして、業務窓口や役所予算仕事を減らすことを厳格にやらなければ、役所の人を減らすことはできません。
    法令規則規制制度の大幅に見直し縮減廃止する改革こそが大事です。藪から棒な頭数減らしばかりを言うのは、片手落ちというか、説得力のないお題目になってしまいますから留意が必要です。
    一応、さもさももっともらしい口実があって、役所の業務窓口や組織をふくらませ、かつ公益法人も増殖膨張させつづけてきたのですから。
    根拠となっている法令規則の整理整頓が必要です。

    返信削除
  13. 13. 9月 2010年02月17日 03:27
    >官学連携詐欺団の皆様(笑)。
    先ずは、国立環境研の江守正太氏にテレビで弁明して欲しいかな(笑)。

    返信削除
  14. 14. 9月 2010年02月17日 03:36
    >まずは、業務や役所仕事を減らし予算を減らせるようにしなきゃいけないわけですから。つまり、制度や規制を大幅に減らして、業務窓口や役所予算仕事を減らすことを厳格にやらなければ、役所の人を減らすことはできません。
    なのに、役所がやっていることはイカサマ社会問題をでっち上げて組織肥大をすることですね。
    新しいミッション。
    終わらないミッション。
    間違ったミッションは適当にフェードアウトして、誰も責任を取らない。
    Googleが新規事業を立ち上げるたび、2ちゃん等で必ずGoogle帝国陰謀論がかまびすしくなります。
    でも、私は現在の日本の政・官よりは、経済に長けたGoogleに統治して貰った方が日本は幸せになれるんじゃないかな?と思ってたりします。

    返信削除
  15. 15. 9月 2010年02月17日 17:42
    今日の「なかのひと」:
    17:06 気象庁
    (笑)。

    返信削除
  16. 16. 9月 2010年02月18日 02:27
    コノコフィリップスなど3社、米温暖化対策団体を脱退(NIKKEI NET):
    http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20100217ATGM1701317022010.html
    【ニューヨーク=武類雅典】米石油3位のコノコフィリップス、米建設機械最大手キャタピラーなど米有力企業3社が米国の温暖化対策の推進を目指す企業団体から脱退することが16日、分かった。米議会で進む温暖化対策法案の内容について不満などがあったとみられる。同法案は審議が難航している。産業界の離反が広がれば、米国の温暖化対策が遅れる恐れが一段と高まりそうだ。
     コノコなどが脱退する団体は「米気候行動パートナーシップ(USCAP)」。米メディアによると、英石油大手BPの米国法人も離脱を決めた。USCAPには米ゼネラル・エレクトリック(GE)や米デュポンのほか、ビッグスリー(米自動車大手3社)なども参加しており、オバマ政権が早期成立を目指す温暖化対策法案を支持してきた。
     コノコは16日に出した発表文で、米下院の温暖化対策法案などが「国際競争上、米国内の精製事業者に不利だ」と指摘、「天然ガス利用が温暖化ガス削減につながる効果も無視されている」とも強調した。(13:04)
    -------------

    返信削除
  17. 17. 9月 2010年02月18日 02:33
    温暖化の信ぴょう性に疑問の声(WSJ 2010/02/17):
    http://jp.wsj.com/US/Politics/node_33647

    返信削除
  18. 18. ニッポニア・ニッポン 2010年02月18日 16:04
    >蓋を開けてみるとNOAAこそ地球温暖化詐欺の巨大な震源地だったわけで・・・
    人獣共通感染(新型)インフルエンザ詐欺の巨大な震源地はどこでしょうかねぇ・・・(笑)。
    灯台下暗し・・・。

    返信削除
  19. 19. 9月 2010年02月19日 18:04
    気候条約事務局長が辞任へ 成果欠くCOP15で批判(47NEWS):
    http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010021801000933.html
     【ベルリン共同】国連気候変動枠組み条約のデブア事務局長は18日、7月1日付で事務局長を辞任すると発表した。昨年コペンハーゲンで開かれた同条約第15回締約国会議(COP15)で十分な成果を得られなかったことから、議長国デンマークや同事務局長を批判する声が交渉関係者から出ていた。
     11~12月にメキシコで第16回締約国会議(COP16)を開くことが決まっており、同事務局長の辞任で、地球温暖化対策の枠組みづくりの交渉などに悪影響が出る恐れもある。
     デブア氏は2006年9月、同事務局長に就任。今年9月末で任期満了の予定だったが、続投するかどうか注目されていた。
     事務局長は声明で辞任について「大変難しい決断だった」と説明。「コペンハーゲンでは明確な合意ができなかったが、強い政治的な関与もあった」と述べた。
     コペンハーゲンの交渉では、中国など途上国の取り組み強化を求める先進国と、先進国の大幅な排出削減を求める途上国が対立。環境保護団体などからは「会議は失敗だった」との厳しい意見が出ていた。デブア事務局長自身もCOP15の結果に深い失望を表していた。
    ------------------

    返信削除
  20. 20. 9月 2010年02月20日 19:47
    温暖化対策でケニアの地熱発電を支援 鳩山首相 [02/19]:
    http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1266585410/1-100
    1 :暗黒男爵φ ★:2010/02/19(金) 22:16:50 ID:???0
    ケニアの地熱発電を支援=鳩山首相
     鳩山由紀夫首相は19日夜、首相官邸でケニアのオディンガ首相と会談し、
    同国の地熱発電所建設に対し295億円の円借款を供与する方針を伝えた。
     オディンガ首相は、温暖化の被害を受けている途上国の現状を説明し、
    対策実施での協力を要請。鳩山首相は「積極的に支援していきたい」と応じた。
     (2010/02/19-21:22)
    ------------
    首相就任してまだ6ヶ月しか経ってないのに、海外に一体いくらばら蒔いたのよ!?
    既に、2兆円を突破してるでしょ!

    返信削除
  21. 21. ニッポニア・ニッポン 2010年02月20日 20:36
    To 9月さん
    >首相就任してまだ6ヶ月しか経ってないのに、海外に一体いくらばら蒔いたのよ!?
    >既に、2兆円を突破してるでしょ!
    とっても税金を払うのを忘れてしまうくらいに、どこからともなくお金が自然と湧いてくる感覚でいるのでしょう。それに円借款だしぃ。あとで返してもらえるんだから、大目にみてよ、ってな感じ?(笑)。大概、あとで踏み倒されてとりめがなくなる恐れも小さくはないはずですが・・・。

    返信削除
  22. 22. ニッポニア・ニッポン 2010年02月20日 20:37
    >地熱発電所建設
    当然、日本のゼネコンが関わるんでしょ。

    返信削除
  23. 23. ニッポニア・ニッポン 2010年02月20日 20:40
    なんでも「温暖化対策」を口実にして物事をすすめるのは、いいかげんにしてもらいたいものだ。人を騙すにも程がある、行政屋、政治屋さんがた。霞が関はいまや、悪徳お代官様の巣窟と化してますね。

    返信削除
  24. 24. 9月 2010年02月20日 20:45
    To ニッポニア・ニッポンさん
    >大概、あとで踏み倒されてとりめがなくなる恐れも小さくはないはずですが・・・。
    最貧国債務免除(笑)。
    以前、アカいヒトビトがホワイトバンドというイカ(サマ)リングを売ってましたね。

    返信削除
  25. 25. 9月 2010年02月20日 20:52
    >当然、日本のゼネコンが関わるんでしょ。
    カントー橋・・・鹿島建設、大成建設
    >霞が関はいまや、悪徳お代官様の巣窟と化してますね。
    カルトと銭ゲバが運営する国家ニッポン..。
    人為的温暖化危機に関して、疑義を唱える政治家が一人もいない時点で終わってますね。
    莫大な税金が食い潰されようとしているのに..。

    返信削除
  26. 26. 9月 2010年02月20日 22:21
    >人獣共通感染(新型)インフルエンザ詐欺の巨大な震源地はどこでしょうかねぇ・・・(笑)。
    喜田教授は北大獣医学部の教授になる前は武田薬品のウイルス開発チームの一員でしたよね。
    でも、武田薬品を退職してセントジュードに。
    そして、日本での「人獣共通感染症」の権威になられた訳ですね(笑)。

    返信削除
  27. 27. ニッポニア・ニッポン 2010年02月21日 00:54
    人獣共通感染症 [養賢堂]
    http://www.yokendo.com/book/4-8425-0428-5.htm
    ここにみなさんお揃いです(笑)。それと・・・。
    日本獣医学会 人獣共通感染症連続講座INDEX
    http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/05_byouki/ProfYamauchi.html
    http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsvs/
    「高病原性鳥インフルエンザ対策に関する緊急調査研究」研究運営委員会において取りまとめられた研究の進捗状況について
    平成16年3月24日 文部科学省 (研究振興局ライフサイエンス課)
    http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/16/03/04032402.htm
    感染症研究推進準備委員会の設置について
    文部科学省 研究振興局 (平成17年4月21日)
    http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/17/04/05042102/002.htm
    新興・再興感染症研究拠点形成プログラム
    http://www.lifescience.mext.go.jp/projects/h18/18b007.html
    http://www.crnid.riken.jp/pfrc/index.html
    河出書房新社|著作一覧 ローリー・ギャレット
    http://www.kawade.co.jp/np/author/01264
    河出書房新社|著作一覧 山内 一也
    http://www.kawade.co.jp/np/author/00252
    KAKEN - 山内 一也(30072888)
    http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/30072888
    KAKEN - 吉川 泰弘(80109975)
    http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/80109975
    戦術レベルの人の妄想よりも、戦略レベルの人の妄想のほうが、迷惑をあっちこっちにまき散らす・・・。

    返信削除
  28. 28. ニッポニア・ニッポン 2010年02月21日 00:55
    「乳がんの研究者がプリオン専門部会の委員??」(笑)。
    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=プリオン+山内一也+吉川泰弘+食品安全委員会

    返信削除
  29. 29. ニッポニア・ニッポン 2010年02月21日 01:23
    人獣共通的新興・再興(エマージングウイルス)感染症なんて嘘っぱち(笑)
    人と動物の共通感染症研究会:目次
    http://www.hdkkk.net/mokuji.html
    2001年・人と動物の共通感染症研究会・設立およびシンポジウム
    http://www.jsmez.gr.jp/meetings/zoonosis01.html
    厚生労働省:政策レポート(世界健康安全保障イニシアティブ(GHSI))
    http://www.mhlw.go.jp/seisaku/2009/01/02.html
    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=世界健康安全保障イニシアティブ
    >2007年6月5日
    >世界健康安全保障イニシアティブ国内委員会を設置することといたしました。
    http://www.mhlw.go.jp/shingi/2007/06/txt/s0605-1.txt
    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=site%3Awww.mhlw.go.jp+世界健康安全保障イニシアティブ(GHSI)国内委員会

    返信削除
  30. 30. ニッポニア・ニッポン 2010年02月21日 01:25
    温暖化ネタと感染症といえば、マラリア・・・。
    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=地球温暖化+マラリア
    で、ワクチンねたにもつながるわけです。
    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=site%3A2ch.net+マラリア+ワクチン
    で、ゲイツ財団のお金をめがけて(笑)。
    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=site%3A2ch.net+マラリア+ゲイツ

    返信削除
  31. 31. ニッポニア・ニッポン 2010年02月21日 01:40
    温暖化すると、熱帯地方で起こっている病気が拡大するという恫喝も可能に・・・。
    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=長崎大学熱帯医学研究所
    養豚場の豚から人へエボラが感染コワイコワイヒー(笑)。
    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=site%3A2ch.net+エボラ+豚
    地球温暖化ネタと新興感染症ネタは、ひとつに組み合わせることによって、さらにどんどんおいしい物語をふくらませることが可能になります。
    「新型インフルエンザの豚への感染事例について」(笑)。
    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=site%3Awww.maff.go.jp+豚+新型インフルエンザ
    「人獣共通ウイルス感染はざらに起こっている」という印象誘導の仕込みも怠りなく・・・(笑)。「主役はカモとブタ」(笑)。
    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=主役はカモとブタ+喜田宏
    息を吐くように嘘をつくヒトビトの蠢動が・・・。
    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=息を吐くように嘘をつく

    返信削除
  32. 32. 9月 2010年02月21日 09:33
    ×武田薬品のウイルス開発チーム
    ○武田薬品のワクチン開発チーム

    返信削除
  33. 33. 9月 2010年02月21日 20:13
    ウソが続くIPCC(武田邦彦 中部大学 2010/02/21):
    http://takedanet.com/2010/02/post_3aee.html
    (以下、IPCCのウソ事件名、報道機関、簡単な内容の順)
    1) ClimateGate (多数の報道) 歴史的気温のねつ造事件
    2) FOIGate (イギリス政府) データ提出拒否事件
    3) ChinaGate  (Gaudian newspaper) 中国の気温の偽造事件
    4) HimalayaGate (多数の報道) ヒマラヤの氷河が溶けるウソ事件
    5) PachauriGate (IPCC議長のヒマラヤウソ隠し事件)
    6) PachauriGateII (London Times) コペンハーゲン虚偽発言事件
    7) SternGate (U.K.Telegram) IPCCが採用した委員会報告の虚偽事件
    8) SternGateII (Rovert Muir-Wood) Sternレポート虚偽事件
    9) AmazonGate (The London Times) 非学術論文使用事件
    10) PeerReviewGate (The U.K.Sunday Telegraphy) 非査読論文偽装事件
    11) RussianGate (内部告発) ロシアの気温の作為的変更
    12) RussianGateII (the Geologidcal S.A.) 気温のねつ造事件
    13) U.S.Gate (研究者告発) 1990年に測定点変更で1℃上昇事件
    14) IceGate (研究者告発) アンデス山脈の氷の偽装事件
    15) ResearchGate (Penn State U.他) IPCCグラフの元データ疑惑
    16) Africa,Dutch,Alaska,NewzielandGate 各国の気温データのねつ造

    返信削除
  34. 34. 9月 2010年02月21日 20:15

    いやはや・・・なんと言ったら良いか判らないほどデータの偽造、細工、誤報のオンパレードで、まだまだ各国データもおかしいと言われている。
    そして、これらの直接的な犯罪以外に、間違ったデータを提供したり、指導した団体や人たちの名前も挙がっている。分類すると、
    1) IPCCの中心にいる人  議長やイーストアングリア大学の教授
    2) アメリカ政府など     ゴア氏、ロビー
    3) 国際的環境団体      WWF、グリーン団体
    4) 各国の温暖化脅威論者   
    などだから、次第に「誰が仕掛けたか」も判ってくるだろう。
    日本では、上記の人たちが発言したことや書籍を紹介した人、IPCCの論拠はシッカリした論文だけと主張した人、IPCCの矛盾したデータを専門家でありながら、長く支持してきた国立環境研究所、そしてIPCCのデータすら伝えず、さらに過激な間違いを続けていたNHKや環境省など「知らなかった」ではすまないだろう。
    (略)
    いったい、「25%削減」などを国際的に約束した鳩山首相やそれを支持した議員や団体、大学などは今後、どうするのだろうか?
    (部分抜粋)
    -----------------

    返信削除
  35. 35. 9月 2010年02月21日 20:55
    地球温暖化の生みの親(Meine Sache ~マイネ・ザッヘ~ 2009/06/25):
    http://meinesache.seesaa.net/article/122182787.html
    あらゆる科学が専門化し、複雑化している今、科学者の知見が正しいかどうかを一般人が見極める手段は限られています。研究の結果が応用され、はっきりした形として現れるならば疑いようもありません。しかしそうでない場合、ぼくたちは、彼の実績と肩書き、要するに権威によって類推するしかありません。
    権威によって事の正誤を判断するというのは極めて非科学的な態度です。呪術師のご神託をありがたがる未開人と変わりません。だからこそ、本物の科学者であればあるほど、権威を利用した学説の売り込みや、政治的活動には慎重になるものだと思います。
    先日アメリカで、一人の科学者が環境団体の抗議活動に加わり、交通妨害等で逮捕されました。
    ジェームズ・ハンセンといってもわからない人が多いでしょうが、彼の肩書きは、人の判断力をストップさせるほどの権威的な響きを持ちます。
    NASAゴダード宇宙研究所所長。実は彼こそが、地球温暖化の生みの親です。
    (部分抜粋)
    ------------------

    返信削除
  36. 36. 9月 2010年02月21日 20:58
    >ジェームズ・ハンセン
    親エントリにある
    「NASA・GISSのJames Hansen所長も“補正”や原データについての情報公開請求を悉く無視していましたから(情報公開法違反で訴訟になっています[11])」
    の人物ですね。

    返信削除
  37. 37. ニッポニア・ニッポン 2010年02月21日 21:03
    「二酸化炭素 地下貯留」
    http://kaken.nii.ac.jp/info/
    >研究者検索結果: 24件
    >配分額合計:多い順
    なんだかキムチ臭漂うような希ガス・・・。

    返信削除
  38. 38. ニッポニア・ニッポン 2010年02月21日 22:19
    人獣共通感染インフルエンザの生みの親R.G.Webster(ロバート・ウェブスター)。
    河岡義裕東大医科研教授のセントジュードチルドレンズリサーチホスピタル留学時代のボス。
    その後、ウィスコンシン大学で研究チームを率いるようになった
    河岡は、かつての恩師喜田宏北大教授の元で研究をしていた伊藤壽啓助教授との共同研究で、豚に、鳥と人のウイルス、それぞれの受容体が存在することを発見し、人由来ウイルスと鳥由来ウイルスの両方に同時に感染する可能性があることを科学的に証明したんだそうな(笑)。
    http://www.mhlw.go.jp/shingi/2003/11/txt/s1126-5.txt
    http://science6.2ch.net/test/read.cgi/rikei/1246443195/13
    KAKEN - インフルエンザウイルスの起源と進化(05044117)
    http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/05044117
    KAKEN - 香港で発生した新型H5インフルエンザウイルスの起源と変異
    http://kaken.nii.ac.jp/ja/p/11694210
    KAKEN - 喜田 宏(10109506)
    http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/10109506
    KAKEN - 河岡 義裕(70135838)
    http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/70135838
    KAKEN - 伊藤 壽啓(00176348)
    http://kaken.nii.ac.jp/ja/r/00176348

    返信削除
  39. 39. 9月 2010年02月21日 22:37
    >豚に、鳥と人のウイルス、それぞれの受容体が存在することを発見し、人由来ウイルスと鳥由来ウイルスの両方に同時に感染する可能性があることを科学的に証明したんだそうな(笑)。
    でも、誰も第三者追試をやれない。
    IPCC報告書掲載論文は多数の科学者によって査読されたものですから正しい(キリッ)
    Natureにいくつもの論文を発表している河岡教授の説はは正しい(キリッ)
    (笑)。

    返信削除
  40. 40. 9月 2010年02月23日 19:28
    小沢環境相 温室効果ガス削減の行程表に「エネルギー基本計画」を反映(産経新聞 2010/02/23):
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100223-00000537-san-soci
    小沢鋭仁環境相は23日の閣議後の記者会見で、温室効果ガスの排出削減に向けた道筋を示すロードマップ(行程表)作りに、中長期的なエネルギー政策の指針「エネルギー基本計画」に関する議論の結果を反映させる方針を示した。
     行程表は政府が今国会に提出する地球温暖化対策基本法案(仮称)に基づく具体策を盛り込むものだが、小沢環境相は「(6月の閣議決定を目指す)エネルギー基本計画の改定作業があることは承知している。そういったものを取り込める行程表にしていきたい」と強調した。
     政府は、2020年までに温暖化ガス排出量を1990年比で25%削減する目標の達成に向け、3月中にも行程表をまとめる予定。現在、関係省庁の副大臣級で調整を進めているが、再生可能エネルギーや原子力発電の利用促進策が焦点となるエネルギー基本計画の改定作業の影響で、4月以降にずれ込む可能性もありそうだ。
    -------------

    返信削除
  41. 41. 9月 2010年02月23日 19:31
    温暖化基本法作成、透明な議論を=財界3団体が共同意見書(時事通信 2010/02/23):
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100223-00000158-jij-bus_all
     日本経団連、日本商工会議所、経済同友会の財界3団体は23日、政府が検討している「地球温暖化対策基本法案」に関し、作成過程で透明性の高い国民的議論を行うよう求める意見書をまとめた。政府は用紙1枚の「法案概要」しか示しておらず、議論のプロセスが見えないまま国民生活に影響する施策が決まることへの強い懸念が異例の共同意見書につながった。
     鳩山政権は、日本の温室効果ガス排出量を「2020年までに1990年比で25%削減する」との中期目標を世界に表明。目標達成に向けて総動員する政策を新法で体系的に示す方針だ。
     法案概要は(1)国内排出量取引制度の創設(2)地球温暖化対策税の検討(3)再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度の拡充-など経済界に慎重論が強い施策を列挙。意見書はこれらの扱いについて「十分な国民的議論を経て法案に盛り込む必要性を判断していただきたい」としている。
    -----------

    返信削除
  42. 42. 9月 2010年02月23日 19:34
    >政府は用紙1枚の「法案概要」しか示しておらず、
    (笑)。

    返信削除
  43. 43. 寅次郎 2010年02月23日 20:20
    >Obama政権にはCRUの不正への関与が疑われるJohn Holdrenがアドバイザーとして入っていますし、
    John Holdrenはどうなんでしょう?過去には氷河期の到来を予見していた人物でもあり、温暖化カルト教徒らはSkepticsの一人として警戒(http://masterresource.org/?p=101)している様子ですが、そのオッサンの成れの果てがコレ(http://www.climatesciencewatch.org/index.php/csw/details/holdren-lubchenco-testimony-2dec09/)では、まったくもってお先真っ暗です。
    Holdrenも酷いですが、むしろ警戒すべきはオバマ政権でClimate Czarを務めるCarol Brownerではないでしょうか?クライメートゲート事件発覚後も「IPCCの信憑性はまったく揺らがない」、「ハッキングは重大犯罪(→後に内部告発と判明)」などと、まるで民主党の検察批判そのままの世迷言を喚き散らした、立志伝中の女ペテン師ですが、性質の悪いことにこの女、a Substantial World Socaiety(世界政府を目論む社会主義者集団 http://www.undueinfluence.com/carol_browner_1.htm)の主要メンバーでもあります。昨年末にEPAが荒唐無稽な「二酸化炭素害毒説」をぶち上げ、規制を急いだのも、元EPA トップとしての影響力を行使したからに他ならず、$2,400,000もの巨額を不正にMicheal Mannに貢いだのも、この女の仕業であるともっぱらです。

    返信削除
  44. 44. 9月 2010年02月24日 19:50
    To 寅次郎さん
    【国連】温暖化報告、誤記や金銭問題も ヒマラヤ氷河は35年までに解けてなくなる→IPCCはあっさり誤りを認め陳謝 2350年の誤記★2:
    http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1266754023/250
    250 :名無しさん@十周年:2010/02/24(水) 15:18:24 ID:ow1RvGN00
    米上院からIPCCスキャンダルへの司法捜査を求める声
    ゴア元副大統領も対象とすべきとの指摘も
    オバマ政権の環境政策に関連して
    今回のIPCCの温暖化スキャンダル問題に対して
    司法省による捜査や喚問を求める声が米上院の共和党議員から上がっている。
    米環境保護局などの排出量削減政策にも厳しい批判が上がっている。
    http://www.businessweek.com/news/2010-02-23/republicans-criticize-obama-administration-greenhouse-gas-plan.html
    http://www.rightpundits.com/?p=5660
    ----------------
    あと、CRUのPhil Jonesが過去15年間に温暖化を示す統計的な証拠は実は存在しなかった..という事実を認めたみたいですし、
    http://www.renewamerica.com/columns/caruba/100220
    それ以外にも、国連の気候問題の責任者が辞任というニュースもあるようです。
    http://www.examiner.com/x-37620-Conservative-Examiner~y2010m2d18-UN-climate-chief-resigns-amid-Climategate-scandal
    もう、年貢の納め時ではないのでしょうかね?
    今年のCOP16は、開催すらされなかったりして..(笑)。

    返信削除
  45. 45. ニッポニア・ニッポン 2010年02月24日 20:51
    本当は、京都議定書の後始末をつけるのは、当時の内閣総理大臣橋本龍太郎の仕事。でも本人はすでにあの世に逃亡済み・・・。それと同じ意味で、ウルグアイラウンド6兆円詐欺は松岡利勝の親分の・・・。
    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%83E%83%8B%83O%83A%83C%83%89%83E%83%93%83h+%91%8D%97%9D%91%E5%90b+1994%94N
    そして、ミニマムアクセス米のいんちきスキーム・・・。
    《現下の農業政策の三大暗闇は、農地、ミニマム・アクセス米、豚肉差額関税である。》
    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%94_%8B%C6%90%AD%8D%F4%82%CC%8EO%91%E5%88%C3%88%C5
    さらにまた、「戸別所得補償制度」というインチキ政策で産業を殺しつつある。
    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%96%AF%8E%E5%93}+%8C%CB%95%CA%8F%8A%93%BE%95%E2%8F%9E%90%A7%93x
    政治家も霞が関役人も、どこもかしこも詐欺師ばかりなり。

    返信削除
  46. 46. 9月 2010年02月25日 13:15
    温暖化懐疑派の声拒絶を=対策前進求める-国連総長(時事通信 2010/02/25):
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100225-00000035-jij-int
     【ニューヨーク時事】国連の潘基文事務総長は24日、インドネシアのバリ島で同日開幕した気候変動に関する国際会議にメッセージを寄せ、「交渉を頓挫させようとする懐疑派の試みを拒絶するよう求める」と述べ、温暖化対策の科学的根拠を疑問視する声に影響されないよう訴えた。
     潘事務総長は、「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)の報告書が示したヒマラヤ山脈の氷河消滅の可能性などに誤りがあったことに関連し、懐疑派が報告書の不備を誇張していると非難。IPCCの知見に基づく対策を前進させるよう求めた。
    -----------
    ファビョーン(笑)。

    返信削除
  47. 47. ニッポニア・ニッポン 2010年02月25日 14:10
    ■地球温暖化 不信を広げる研究者の姿勢(2月25日付・読売社説)
    http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20100224-OYT1T01342.htm
    http://www.iza.ne.jp/bookmark/1015065/
    こういう役人崩れのクセモノも・・・(笑)。
    【宮家邦彦のWorld Watch】地球温暖化の地政学 2010.2.25
    http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100225/plc1002250746002-n1.htm
    http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100225/plc1002250746002-n2.htm
    >今更そもそも論を振りかざしても始まらない。京都議定書を受け入れた以上、排出量削減は国際法上の義務となったからだ。
    詐欺にのっかっけしまったのだから、最後まで騙されてなさい、と言っているようなものですね。トンデモないクワセモノです(笑)。

    返信削除
  48. 48. ニッポニア・ニッポン 2010年02月25日 16:54
    593 :名無しSUN:2010/02/25(木) 07:50:55 ID:XVKvoAXk
    ↓これ誰のこと?
    地球温暖化 不信を広げる研究者の姿勢(2月25日付・読売社説)
    http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20100224-OYT1T01342.htm
    「ヒマラヤの氷河は2035年までに解けてなくなる可能性が非常に高い」との記述はその例で、根拠がなかった。
     IPCCも公式に誤りを認めている。日本人研究者も関与した記述とされるが、詳しい経緯は明らかにされていない。
    594 :名無しSUN:2010/02/25(木) 08:15:47 ID:xR2H55ls
    日本人研究者も関与した記述
    出頭キボンヌ

    返信削除
  49. 49. ニッポニア・ニッポン 2010年02月25日 16:57
    598 :名無しSUN:2010/02/25(木) 12:47:35 ID:vu9lpW6N
    >>596
    ヒマラヤ氷河の章の査読編集者は、環境研・参与の西岡秀三さんだよ。
    http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/19/11/07112001/003.htm
    http://www-cger.nies.go.jp/ipcc-ar4-wg2/pdf/IPCC_AR4_WG2_ch10.pdf
    599 :名無しSUN:2010/02/25(木) 12:56:27 ID:vu9lpW6N
    >>594
    >>日本人研究者も関与した記述
    詳しくは知らんが、ヒマラヤ氷河の記述のある10章アジアの執筆協力者は江守正多、高橋潔、
    査読編集者は西岡秀三、統括執筆責任者は原沢英夫、代表執筆者は本田靖だよ。
    IPCC_AR4_WG2_ch10.pdf
    http://www-cger.nies.go.jp/ipcc-ar4-wg2/pdf/IPCC_AR4_WG2_ch10.pdf
    我が国におけるIPCC第4次評価報告書執筆者
    http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/19/11/07112001/003.htm
    607 :名無しSUN:2010/02/25(木) 16:02:04 ID:SP95eSb5
    温暖化CO詐欺については、
    このブログも古くから指摘している。
    もう、温暖化詐欺終了です。
    http://yoiotoko.way-nifty.com/blog/co2/index.html
    -------------------------------------------------------------
    【議論】地球温暖化23【議論】
    http://science6.2ch.net/test/read.cgi/sky/1265463861/593-

    返信削除
  50. 50. ニッポニア・ニッポン 2010年02月25日 17:02
    国立環境研究所と、環境省と、文部科学省と、独立行政法人財団法人社団法人公益法人と、大学・研究所と、宗教法人と広告代理店(笑)・・・、みんなで一枚岩になって、地球温暖化国民運動、国家総動員体制がんばっちゃうぞ(笑)。

    返信削除
  51. 51. ニッポニア・ニッポン 2010年02月25日 17:05
    暴走する霞が関のサル(笑)。
    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%96\%91%96%82%B7%82%E9

    返信削除
  52. 52. 9月 2010年02月25日 20:26
    To ニッポニア・ニッポンさん
    >>今更そもそも論を振りかざしても始まらない。京都議定書を受け入れた以上、排出量削減は国際法上の義務となったからだ。
    詐欺に気づいても、おとなしく騙されてください。
    じゃないと、私が困る?..(笑)

    返信削除
  53. 53. 9月 2010年02月25日 20:34
    >みんなで一枚岩になって、地球温暖化国民運動、国家総動員体制がんばっちゃうぞ(笑)。
    一億、総火の玉となって「温暖化怪獣」と闘うのだっちゃーーっ!!(笑)。

    返信削除
  54. 54. 9月 2010年02月25日 20:42
    地球温暖化 不信を広げる研究者の姿勢(2月25日付・読売社説):
    http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20100224-OYT1T01342.htm
    日本でもクライメートゲート爆発か?(AKC 2010/02/25):
    http://antikimchi.seesaa.net/article/142077715.html

    返信削除
  55. 55. 寅次郎 2010年02月25日 21:06
    >NASAゴダード宇宙研究所所長。実は彼こそが、地球温暖化の生みの親
    James Hansenも、CRUメールに幾度となく登場する常連ですね。とりわけCRUのPhill Jonesとはズブズブの間柄のようで…。2008年1月のメール(http://www.eastangliaemails.com/emails.php?eid=854&filename=.txt)では、Hansenから送られたNCDCレポートのSST(Sea Surfece Temp)の低調さ(温度上昇が0.1~0.2℃)が気に入らないPhillJonesが「NCDCは未だデータを修正していないように思える。修正すれば、過去数年の地球平均気温が更に0.1℃上がっているだろう」とクレームをつけるなど、NOAA ESRLのGavinらと共謀し、組織ぐるみで改竄を行っていたご様子。
    NASAの軒下を借りるGISSは昨年、次世代のCO2測定手段として期待が高かったOCO衛星の打ち上げをモノの見事に失敗させたばかりか、今や「CO2を計測させないため、故意に失敗させたのではないか?」と、全米各地で訴訟沙汰が起きるほどの、NASAとは名ばかりの組織的詐欺集団。しかも研究報告はNASAを避け、すべからく国連認可の下で行うなど、捏造やプロパガンダにかけては熟練の業を感じさせる。
    そう言えばあのオッサン…昨年夏に反政府暴動を率いて逮捕されたんじゃなかったけ?

    返信削除
  56. 56. 寅次郎 2010年02月25日 21:06

    ・Dr. James Hansen of NASA GISS arrested
    http://wattsupwiththat.com/2009/06/23/dr-james-hansen-of-nasa-giss-arrested/
    ・NASA Climate Satellite Crashes in Ocean After Launch Failure
    http://www.spaceref.com/news/viewpr.html?pid=28766
    ・CEI Files Notice of Intent to Sue NASA GISS
    http://wattsupwiththat.com/2009/11/24/cei-files-notice-of-intent-to-sue-nasa-giss/

    返信削除
  57. 57. 9月 2010年02月25日 21:33
    >そう言えばあのオッサン…昨年夏に反政府暴動を率いて逮捕されたんじゃなかったけ?
    このエントリのコメント欄に書いてますが、逮捕されました。(^_^;
    http://nagatsuki07.iza.ne.jp/blog/entry/1462953/allcmt/#C1538170
    あと、インチキGISSに関しての過去エントリ。
    温暖化詐欺、終了間近?(笑)
    2008/12/01 22:10
    http://nagatsuki07.iza.ne.jp/blog/entry/816952/

    返信削除
  58. 58. 9月 2010年02月28日 20:11
    米、温暖化対策で足踏み 規制強化は11年以降に(NIKKEI NET 2010/02/28):
    http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20100224ATGM2304323022010.html
    【ワシントン=大隅隆】米国で地球温暖化対策に停滞感がにじんできた。米環境保護局(EPA)は温暖化ガスの排出規制強化を2011年以降に先送りする方針を表明。議会での審議が難航している温暖化対策法案にも見直し論が浮上している。オバマ政権は環境政策重視の看板を下ろしていないが、雇用対策の優先度が高まった結果、軌道修正を迫られた格好だ。「ポスト京都議定書」をめぐる国際交渉に影響が広がる可能性もある。
     大気汚染法に基づく規制強化策の見直しはジャクソンEPA長官が22日にロックフェラー上院議員(民主)への書簡のなかで明らかにした。EPAは昨秋公表の規制強化案で、大規模事業所の着工・増設許可の条件として、エネルギーの活用効率を厳格に点検する方針を公表。第1弾として、発電所など温暖化ガスを年2万5000トン以上排出する事業施設を対象に10年中にも導入するとみられていた。(07:00)
    ------------

    返信削除
  59. 59. 9月 2010年02月28日 20:40
    政府、ベトナムに原発売り込み=鳩山首相がトップセールスへ(時事ドットコム 2010/02/27):
    http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2010022700309
     鳩山由紀夫首相が、ベトナムで計画されている原発建設事業の受注を目指し、トップセールスに乗り出す。27日、高知市で記者団に対し、週明けにもグエン・タン・ズン首相に売り込みを訴える親書を送付する方針を明らかにした。国際的な原発受注競争が激化する中、政府として日本企業を強力に後押しする。
     親書で首相は、ベトナムへの原子力機器輸出を可能にする原子力協定締結に向けた交渉開始を打診。また、政府と電力会社、原発メーカーの共同出資で事業化調査を請け負う新会社を設立する構想を披露するなど、官民一体で受注態勢を整える考えを示す。
     受注を目指す原発建設は、ベトナム南部で計画中の第2期工事の2基。維持費や燃料供給を含む事業費が1兆円規模に達する大型プロジェクトで、日本とフランスなどが激しく争っている。既に第1期工事の2基はロシア企業が受注する見通しとなっている。(2010/02/27-17:33)
    ------------

    返信削除
  60. 60. 9月 2010年02月28日 20:48
    【環境】温室ガス25%削減を明記…温暖化対策法案 [02/26]:
    http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1267357176/1-100
    環境省は26日、政府の温暖化対策の基本方針を定める地球温暖化対策基本法案
    (仮称)の概要を公表した。
    2020年までに温室効果ガスの25%削減(1990年比)を目指す中期目標については、
    すべての主要国が公平で実効性ある枠組みなどに合意した場合に設定すると、条件付きで明記した。
    それまでは、2050年までに80%削減(同)の長期目標に向けて取り組むとした。
    法案には基本施策として、政府が大企業のガスの排出上限を定め、その過不足分を売買する
    国内排出量取引制度の創設や、化石燃料に課税する地球温暖化対策税の11年度実施に向けた
    税制見直しの検討、太陽光発電など再生可能エネルギーを高値で買い取る制度の創設を盛り込んだ。
    再生可能エネルギーの利用については、20年までに国内のエネルギー供給量の10%に引き上げるとした。
    法案は早ければ来月5日にも閣議決定され、国会に提出される見通し
    。ただ、法案の検討過程が関係省庁の副大臣らによる非公開の会合を中心に進んできたこともあり、
    「基本施策を導入するかどうかは国民的な議論が必要」(民主党支持母体の連合)、
    「政策全体の効果・影響を十分検証すべき」(日本経団連など経済3団体)などの意見も出ている。
    -----------

    返信削除
  61. 61. 9月 2010年02月28日 20:58
    >2050年までに80%削減(同)の長期目標に向けて取り組むとした。
    キチガイ!
    と言うか、先ずは90年比25%削減目標の場合の国民負担額を公表してからにしては?
    自民党の試算は間違ってる→民主党で再試算したら自民党試算より増えたでござる(最大、76万円増)。
    それは、イヤイヤなので、民主党を応援してくださるヒトビトに再試算をお願いします。
                ↓
    再試算の結果公表なし。
                ↓
    なのに、2050年、80%減なんだそうです。
    日本人は死ね!ということですね。
    わかります(笑)。

    返信削除
  62. 62. ニッポニア・ニッポン 2010年02月28日 22:53
    【環境】原発の利用を明記へ 温暖化対策法案で…環境相 [02/23]
    http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1266902826/
    これって、あからさまな、原発産業に便宜を図るための、利権誘導優遇制度政策を堂々とやるってことですよね。
    特定産業に肩入れするような法律をつくるってのは、市場経済の多様で自由な選択に、かなり強制的な制限を加えるということで、社会主義政策そのもの。良かれと思ってやってても、かならずあとで自縄自縛におちいるハメになりそうですね。
    目先のニンジンを追いかけるような、政治・行政の意思決定状況に、もう目眩がしそうです。政治家ばかりじゃなくて、行政(官僚役人学者)テクノクラートがよっぽどアカ錆があがっちゃってるのでしょう。
    日本の偏差値優等生君たちが集まってる組織には、もう何も期待しちゃいけませんね。

    返信削除
  63. 63. 9月 2010年03月01日 19:42
    政府、ベトナムに原発売り込み=鳩山首相がトップセールスへ
    2月27日17時32分配信 時事通信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100227-00000092-jij-pol
     鳩山由紀夫首相が、ベトナムで計画されている原発建設事業の受注を目指し、トップセールスに乗り出す。27日、高知市で記者団に対し、週明けにもグエン・タン・ズン首相に売り込みを訴える親書を送付する方針を明らかにした。国際的な原発受注競争が激化する中、政府として日本企業を強力に後押しする。
     親書で首相は、ベトナムへの原子力機器輸出を可能にする原子力協定締結に向けた交渉開始を打診。また、政府と電力会社、原発メーカーの共同出資で事業化調査を請け負う新会社を設立する構想を披露するなど、官民一体で受注態勢を整える考えを示す。
     受注を目指す原発建設は、ベトナム南部で計画中の第2期工事の2基。維持費や燃料供給を含む事業費が1兆円規模に達する大型プロジェクトで、日本とフランスなどが激しく争っている。既に第1期工事の2基はロシア企業が受注する見通しとなっている。
    ---------

    返信削除
  64. 64. 9月 2010年03月01日 19:54
    あと、原発って産廃処理事業者も絡みますよね?
    水谷建設脱税で東京電力元会長らを参考人聴取 - 東京地検(AKC 2006 08/13):
    http://antikimchi.seesaa.net/article/22281769.html

    返信削除
  65. 65. 9月 2010年03月01日 22:07
    TB
    温度が上がっているのは「政治利権」団体の中[偕楽園血圧日記]:
    http://ameblo.jp/statesgrow/entry-10470111501.html
    8 ■Haruさん、どうも
     こちらからトラックバックを送ってリンク張りのご挨拶をすべきところ、不調法で申し訳ありません。izaは会員以外コメントはできないようなので、こちらで失礼させていただきます。
     Haruさんがまとめられたデータを一人でも多くの人に知ってもらい、「温暖化だ二酸化炭素だとやっているのはちょっと変じゃないのか? そんなことで何兆もの金を使って、さらに不自由な思いもしなくてはならないのか?」という疑問を持ってもらいたいと思います。
    -------------
    ありっ!?
    もしかして、私をHaruさんと勘違いしてる?

    返信削除
  66. 66. 9月 2010年03月02日 22:16
    地球温暖化論への懐疑 (産経新聞 2010/03/02):
    【あめりかノート】ワシントン駐在編集特別委員・古森義久
    http://sankei.jp.msn.com/world/america/100302/amr1003020254000-n1.htm
     米国議会では上院共和党の院内総務ミッチ・マコーネル議員はじめジム・デミント、ジム・インホフ両議員ら大物たちが2月下旬、あいついで地球温暖化への疑問を再提起するようになった。経済界でもコノコやキャタピラーなど大企業3社がオバマ政権主唱の温暖化対策の推進組織「気候行動パートナーシップ」から離脱し、温暖化と排出ガスとの因果関係の受け入れの揺れをにじませた。
     国連側でも、IPCCと連携して温暖化に警鐘を鳴らしてきた「国連気候変動枠組み条約(UNFCCC)」のイボ・デブア事務局長が唐突に辞意を表明、取り組みの足並みの乱れを思わせた。
     一方、ゴア氏は2月28日付ニューヨーク・タイムズに長大な論文を載せ、「小さなミスが真の環境変化をぼかすために利用されている」と温暖化論の正しさを強調した。これまでよりもタブーの少ない新たな議論のドアが開かれた感じである。となると、日本への余波もつい予期させられるようだ。
    (部分抜粋)
    --------------

    返信削除
  67. 67. 9月 2010年03月03日 19:50
    mixi「温暖化」コミュより転載:
    2010年03月03日 14:41
    Haruさんwrote:
    別のところにも書いたのですが、アメリカでは“Gore効果”という謎の現象が話題になっています。
    Gore氏が講演やデモ行進すると、その町で雪が降ったり寒波に襲われたりするという現象です。
    Gore効果は2006年に発見され、Gore氏が夏直前のオーストラリアで講演を行ったところ雪が降りました。(2004年1月15日のNYが最初という説もあります。)
    ここ2年間に観測されたGore効果を列挙すると:
    2008
    1/17 Baltimoreにて温暖化抗議デモ行進。Marylandは雪。
    10/22 Harvard大学で講演。Bostonは過去125年で最悪の大寒波。
    10/28 Londonでディベート。Londonの10月の降雪は1922年以来。
    12/10 イタリアで講演。Rome、Naples、Palermo、Sicilyに寒波襲来。
    2009
    1/28 上院で証言。Washington DCは寒波
    2/5 New York州Buffaloにて温暖化会議。気温-6℃。
    3/2 首都Washingtonにて温暖化抗議デモ。Washington DCは大雪。
    7/13 オーストラリアにて環境保護団体立ち上げ。Melbourneは零度。
    10/9 Wisconsinにて会議。Al Gore到着と同時に記録的な最低気温。
    11/4 著書『私たちの選択』発売。この冬、全米が異常な豪雪と大寒波。
    11/22 オーストラリアにて温暖化の危機を訴えるデモ行進。寒波で一日で中止。
    12/7 COP15へ出発。全米各地で記録的な大寒波、ありえない場所で積雪。
    12/15 Copenhagen、北極の氷は5年で溶けると講演。14年振りのホワイトクリスマス。
    12/20 New York到着。1888年以来というブリザード。“Let it Gore”と歌われる。

    返信削除
  68. 68. 9月 2010年03月03日 19:54

    2010
    2/8 NOAA気候変動の新機関を立ち上げ。首都Washingtonは記録的な大雪。
    2/9 上院の地球温暖化公聴会が中止。ありえない大雪のため。
    Gore効果はObama大統領やPelosi下院議長にも見られるという報告もなされています。
    ---------------
    (笑)。

    返信削除
  69. 69. 9月 2010年03月03日 19:59
    『嵐を呼ぶ男』ならぬ、『寒波を呼ぶ男(アル・ゴア)』(笑)。

    返信削除
  70. 70. ニッポニア・ニッポン 2010年03月04日 18:00
    雨女・雨男(笑)。
    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%89J%92j

    返信削除
  71. 71. 9月 2010年03月04日 18:09
    >雨女・雨男(笑)。
    雪男(笑)。

    返信削除
  72. 72. ニッポニア・ニッポン 2010年03月04日 20:04
    風神雷神、疫病神に、新種の温籠神(笑)。
    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%95%97%90_%97%8B%90_

    返信削除
  73. 73. 9月 2010年03月04日 20:18
    私は雷神様は信じてる。
    命の恩人だから..。
    でも、こんなこと言っても分かりませんよね?(笑)

    返信削除
  74. 74. ニッポニア・ニッポン 2010年03月04日 20:49
    雷神力(笑)。
    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%97%8B%90_%97%CD+%91%BE%97z%8C%F5
    風神力(笑)雷神力(笑)。
    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%95%97%90_%97%CD+%97%8B%90_%97%CD
    勇者らいでーん(笑)。
    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%83%89%83C%83f%83B%81[%83%93
    これの原点はやはり・・・。
    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%91%E5%96%82%90_

    返信削除
  75. 75. 9月 2010年03月04日 20:57
    菅原道真公...。
    理解されるとは思ってませんから、いいです。

    返信削除
  76. 76. ニッポニア・ニッポン 2010年03月04日 22:18
    個というのは、みなそれぞれ、オカルト(秘めたるもの)を有しているもの・・・。それが共感共鳴できると錯覚して集団化共同化すると、しっぽ(尾)がとれて、カルトになっちまい増田。それをオカルトの凶暴化というの鴨信無い(笑)。

    返信削除
  77. 77. 9月 2010年03月05日 01:27
    説明できないものへの共感を求めること自体がムリなことですね。
    やっぱり、自分の中に秘めておくべきことでした。
    この話って、3回目くらいですね。
    いい加減、諦めようじぇ > 私 (笑)

    返信削除
  78. 78. 9月 2010年03月05日 05:25
    【政治】 日本政府、36億円で温暖化ガス排出権購入へ…ポーランドから★2:
    http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1267724614/
    クライメートゲートで温暖化脅威論の科学的信用は地に堕ちているんですが..。
    それでも、お金儲けをします。
    原資は日本国民の税金でつ(笑)。

    返信削除
  79. 79. 9月 2010年03月05日 05:29
    公金でマネーゲームをします。(笑)
    原発利権やら排出権取引利権やら..。

    返信削除
  80. 80. 9月 2010年03月05日 17:14
    <サル学から見る日本>それでも地球温暖化に群がるおサルさん ―(園田義明めも 2010/03/04):
    http://y-sonoda.asablo.jp/blog/2010/03/04/4924143
    突出民主を押し退けて、さらに突進公明対案。
    イノシシ化するサル。これではまるで高崎山。大丈夫か、この国は。
    <関連記事引用>
    温暖化対策、公明が対案
    http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20100304ATFS0402704032010.html
     公明党は4日、政府が今国会提出を目指している地球温暖化対策基本法案への対案の概要をまとめた。他国の態度が決まるのを待たず、日本として直ちに温暖化ガスを2020年までに1990年比で25%減らす目標を掲げて対応に着手することが柱。米中など主要国が意欲的な目標を示すことを留保条件として25%減を目指す政府案に比べ、公明党案はより厳しい対応を国内に求めたといえる。ただし、今後、他国の対応が決まっていく過程では見直しもあり得ると説明している。(22:01)
    -------------
    日本の政治は終わってますね。

    返信削除
  81. 81. ニッポニア・ニッポン 2010年03月05日 19:09
    アカが(法螺)吹き、カルト踊って、バカ伝染(うつ)る・・・。

    返信削除
  82. 82. 9月 2010年03月05日 19:13
    カルト国家、ニッポン(笑)。
    創価、オウム、統一協会、崇教真光、世界救世教、三五教...

    返信削除
  83. 83. 9月 2010年03月05日 21:29
    【政治】 日本政府、36億円で温暖化ガス排出権購入へ…ポーランドから★2:
    http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1267724614/
    581 :名無しさん@十周年:2010/03/05(金) 21:13:06 ID:Cnr0rR0O0
    ●民主党のやりたい事  外国人参政権など、マニフェストにないことを全力で推進
    CO2 25%削減    :日本は厳しい制約、お金と技術は外国へ ←←←←←←←←>>1
    外国人地方参政権  :外国人が日本の政治に参加、対馬が韓国領 沖縄は独立後中国へ
    外国人住民基本法  :密入国者でも、5年居れば日本人
    重国籍容認       :中国人や北朝鮮人が日本の警察官や自衛官
    夫婦別姓容認     :日本の家族制度と社会の破壊、中国・韓国式の婚姻
    戸籍制度廃止     :家系の破壊、総身元不明人で犯罪者が活発
    人権侵害救済法     :人権擁護法 言論弾圧、ネット潰し、マスコミの一人天下
    日教組教育        :日本が嫌いな日本人、不適格教師、異常な性指導  現在28万人
    靖国神社代替施設  :日本人は永遠に譲歩し続ける、戦没者慰霊の形骸化
    恒久平和調査局設置 :日本人は永遠に謝罪し続ける
    沖縄ビジョン        :人口130万人の沖縄に年間3千万人の外国人
    1000万人移民推進  :犯罪の増加、外国人自治区の成立、日本人の税金で生活保護
    東アジア共同体     :日本歴史史上、初めて中国の属国へ
    鳩山談話        :日韓の過去の歴史観を全否定 一方的な日本謝罪へ
    パチンコ換金合法化 :違法行為が合法に
    北朝鮮人権法改正  :脱北者が国内に定住できる
    中国人ビザ年収要件撤廃:観光ビザでの不法滞在増加
    ブロッキング      :ネット検閲、児童ポルノ規制名目で反政府サイトを規制
    祝日法改正       :連休減少、祝日・休日が地域毎にばらばらに

    返信削除
  84. 84. 9月 2010年03月05日 21:29

    ●民主党のやった事
    総理と幹事長が脱税 :外国からの献金疑惑も
    インド洋給油活動停止:後は中国が引き受けますので中国にテロ情報下さい
    歴史捏造        :竹島問題を教科書に不記載へ
    センター試験問題   :「外国人参政権は、憲法上問題なしと最高裁が判断した」が正解の問題を試験問題に
    事業仕分け       :国防と科学技術の予算を削り国力を削ぐ、朝鮮・同和・民主党絡みの事業は復活
    ------------

    返信削除
  85. 85. 9月 2010年03月05日 23:45
    温暖化への疑問続出(ステージ風発):
    http://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/1485066/
    Commented by nytola さん /03/05 04:23

    昨年Climategateが発覚した頃、某新聞社の友人に地球温暖化の科学が怪しいという話をしたのですが、どうも某社の科学部では判断できなかったようで小さく取り上げられただけでした。
    (部分抜粋)
    ------------
    頭にAが付く新聞社です。
    問題が大きすぎて科学部では判断できない..ということだったみたいです。
    ちなみに、nytolaさんは私がmixiからこのエントリを転載したHaruさんです。

    返信削除
  86. 86. 9月 2010年03月05日 23:47
    【政治】「今温暖化を止めなければ地球の環境は壊れてしまう。CO2、25%カット、ともにチャレンジしましょう」鳩山首相が声でCM出演:
    http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1267796770/1-100
     政府は8日から1週間、温室効果ガス削減のため実施している「チャレンジ25キャンペーン」
    への参加を呼び掛ける放送を、テレビCMの枠を使って流す。
     放送は2種類。いずれも15秒間で、氷山が崩落する様子などが写った映像に、「今温暖化を
    止めなければ地球の環境は壊れてしまう。CO2(二酸化炭素)、25%カット、ともにチャレンジ
    しましょう」とナレーションが入る。声役は鳩山由紀夫首相と俳優の加山雄三さんがそれぞれ務めた。
     民主党は2007年6月、安倍晋三首相(当時)夫妻が登場する政府の全面広告が新聞に掲載
    されたことに「参院選前の(政府広報の)政治利用」と反発した経緯がある。政府は今回、
    「ナレーションならぎりぎり大丈夫」(政府関係者)と判断した。
    -----------

    返信削除
  87. 87. ニッポニア・ニッポン 2010年03月06日 00:16
    地球温暖化防止のための国民運動「チャレンジ25キャンペーン」(笑)。
    http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%8D%91%96%AF%89^%93%AE+%83%60%83%83%83%8C%83%93%83W%82Q%82T%83L%83%83%83%93%83y%81[%83%93

    返信削除
  88. 88. 9月 2010年03月07日 21:55
    Commented by nytola さん
    古森様、toto様、
    ありがとうございます。
    LANLでも温暖化懐疑派は物理屋それも高エネルギー屋などに多かったのは、分野が異なり利害関係があまりなかったため客観的な議論が出来たからかもしれません。
    科学の世界では研究者間の自由な議論を通じて問題点が明らかにされますが、温暖化への疑問を呈することすら封殺されていた気象・環境学の分野では懐疑的な理論の構築は困難だったことでしょう。
    アメリカの研究業界では温暖化に絡めてプロポーザルを書くと比較的簡単に予算が付いていたため、温暖化の科学が怪しいと薄々気付きながらも温暖化研究に従事していた研究者は少なくないでしょうし、温暖化のまやかしに気付いていたからこそ政治力を使ってまで懐疑派を潰していたのだと思います。
    私はアメリカ物理学会(APS)が『人間起源のCO2が地球温暖化を引き起こす』と断定するステートメントを出していると知りAPSを脱退しましたが、Climategateを受けてLindzen(MIT)らがステートメントの撤回をAPSに提案しています。
    Andrew WeaverやMojib LatifなどIPCCの重鎮でIPCC批判を開始した研究者も出てきましたし、真実が明らかになる日は近いと思います。
    でも、黒幕はNOAAですよ!!!
    http://komoriy.iza.ne.jp/blog/entry/1485066/
    -----------

    返信削除
  89. 89. 9月 2010年03月08日 19:49
    「温暖化」米で懐疑論…政府間パネル失策続き(読売 2010/03/08):
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100307-00000271-yom-soci
    懐疑派の代表格、ジェームズ・インホフ上院議員(共和党)は2月23日、同事件についての報告書を環境・公共事業委員会に提出、関係した米欧の17人の気象学者の実名を挙げ、「科学者による非倫理的かつ違法な可能性がある行為」を指弾した。
     温暖化対策法が成立しない場合に備え、米環境保護局(EPA)による立法措置抜きの温暖化ガス排出規制を探るオバマ政権をけん制するとともに、温暖化論議を支える科学界に警告を発した形だ。
    (部分抜粋)
    ----------------

    返信削除
  90. 90. 9月 2010年03月19日 10:55
    【環境】 温暖化対策、カンボジアに無償資金28億5900万円 鳩山由紀夫首相が表明した「鳩山イニシアチブ」の一環:
    http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1268950535/
    ★温暖化対策、カンボジアに無償資金28億円
     政府は18日、カンボジアに地球温暖化対策に関する無償資金協力4件を実施することで
    同国政府と合意し、書簡を交換した。浄水場への太陽光発電機材の導入や森林保全支援などで、
    総額は28億5900万円。鳩山由紀夫首相が表明した温暖化対策の途上国支援「鳩山イニシアチブ」の一環。(07:00)
    日経新聞 http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20100319ATFS1802O18032010.html
    -------------------
    太陽光発電・・・京セラ
    森林保全・・・オイスカ
    「オイスカ 三五教 小沢一郎」:
    http://www.google.co.jp/search?rlz=1C1CHMV_jaJP306JP307&sourceid=chrome&ie=UTF-8&q=%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AB+%E4%B8%89%E4%BA%94%E6%95%99+%E5%B0%8F%E6%B2%A2%E4%B8%80%E9%83%8E

    返信削除
  91. 91. 9月 2010年03月19日 10:56
    mixi「温暖化コミュ」より転載:
    2010年03月19日 10:25
    タクさん
    いまさら、なんですが、北極熊のニュース。ホッキョクグマの商取引は、全面禁止にならなかった。なぜなら、絶滅の危機というのは大嘘であって、今でもハンティングの対象であり、商取引が行われているということです。
    =======================ここから引用
    ホッキョクグマ禁輸案を否決=米国主張通らず-ワシントン条約会議
     【ドーハ時事】絶滅の恐れのある動植物の取引を規制するワシントン条約の締約国会議は18日の第1委員会の討議で、米国が提案していたホッキョクグマの国際取引禁止案を否決した。
     米国は締約国会議に、現在、輸出許可制の対象としているホッキョクグマが絶滅の恐れがあるとして、皮など関連製品の国際取引を全面的に禁止するよう提案した。
     これに対し、カナダ、ノルウェーなどは、ホッキョクグマは絶滅の危機にはなく、国際取引で個体数が大きく減少するようなこともないと主張、禁輸案に反対する構えを崩さなかった。投票の結果は賛成48、反対62、棄権11で、採択に必要な出席国の3分の2の賛成票が集まらず、否決された。(2010/03 /18-20:41)
    --------------

    返信削除
  92. 92. 9月 2010年03月19日 11:02
    ホッキョクグマを温暖化危機のアイドルに仕立てて、「ホッキョクグマさん、かわいそう~」とか言ってる人たちは
    これには何も言わなくてもいいのかな?
    緑豆とか海犬とか、あと、温暖化のせいでホッキョクグマが共食いを始めた..とか言ってた坂本教授とか。

    返信削除
  93. 93. 9月 2010年03月22日 20:47
    【環境】東大渡辺教授「お金と時間を浪費する温暖化騒ぎ」「筋書きにあわせ科学を弄る少数者の産物」武田教授「経済成長止まる」★4:
    http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1269181862/
     温暖化に懐疑的な中部大学の武田邦彦教授は「CО2排出量とGDPは比例する。法案が通れば日本の経済成長は止まってしまう」と訴えている。
     武田教授は2月、「『CО2・25%削減』で日本人の年収は半減する」(産経新聞出版)を出版したばかり。その中で、「世界の気温は3千年スパンで見た場合、下降している」など、温暖化の前提に疑問を呈したうえで、
    CО2排出量と経済成長の関係に言及。90年比25%削減は、現状からみれば実質40%削減に等しく、実現には日本人の年収や生活レベルを50%近く落とさねばならないと指摘している。
    「各国は温暖化問題にボランティアで取り組んでいるわけではなく、自国の利益を守るための政治的課題と考えている。幻の前提のために、なぜ日本人だけが犠牲になる必要があるのか」と武田教授。
     温暖化防止に対する懐疑的な見方は世界的にも広がりつつある。昨年末のCОP15を前にした11月、温暖化の根拠とされていたIPCC(気候変動に関する政府間パネル)の主力データの一つが捏造(ねつぞう)だった可能性があることが判明(クライメートゲート事件)。
    これを受け欧米では政府や議会が過去のデータの見直しを関係機関に要求するなど波紋が広がっている。
     東京大学の渡辺正教授(環境計測化学)はクライメートゲート事件に関する論文を「膨大な金と時間を浪費させる地球温暖化騒ぎは、筋書きに合わせて科学知見をいじる少数の集団が産んでいた。
    事件はそれに幕を引かせる一歩となるだろう」と結んでいる。
    (部分抜粋)
    ---------

    返信削除
  94. 94. 9月 2010年03月22日 20:55
    「はじめに結論ありき」
    そして、その結論を作るヒトビトは巨大な権力を持っている。
    ルールを作るヒトと、そのルールを否応なく遵守させられるヒトビト..。

    返信削除
  95. 95. 9月 2010年04月02日 21:40
    東京湾の高潮、死者最大7600人 中央防災会議が想定(asahi.com 2010/04/02):
    http://www.asahi.com/national/update/0402/TKY201004020223.html
     国の中央防災会議の「大規模水害対策に関する専門調査会」は2日、東京湾を巨大台風が直撃した場合の高潮による被害想定を公表した。死者は最悪で伊勢湾台風の約5千人を上回る約7600人、孤立者は80万人に上る。国は2010年度中に総合的な対策を定めた大綱を策定する。
     過去に日本を襲った台風のうち最も勢力の強い1934年の室戸台風(上陸時911ヘクトパスカル)と同じ規模の台風が東京湾を通過▽地球温暖化によって水位が60センチ上昇▽漂流物で水門が閉まらず、東京の海抜ゼロメートル地帯の堤防が決壊した――という最悪の想定で計算した。
     ポンプ場などの排水施設が水没して使えなくなった場合、浸水面積は東京や千葉、横浜など湾の周辺280平方キロ、浸水区域内の人口は約140万人に上る。浸水の深さは、海抜ゼロメートル地帯の東京都江東区や千葉県浦安市、船橋市などで5メートルに達する場所があり、千葉や横浜、川崎など多くの地域で2メートルを超える浸水が想定される。
     住民の事前避難がまったく間に合わなかった条件で試算すると、死者は約7600人。59年の伊勢湾台風による死者・行方不明者5098人や05年に米国を襲った巨大ハリケーン・カトリーナの約1800人より多い。
     海面の高さがピークを迎えた3時間後には最大約80万人が孤立するとの試算も出た。湾の周辺約51平方キロの地域では水が完全に引くまでに2週間以上かかるという。
     調査会は高潮被害以外にも06年から荒川、利根川の大洪水による首都圏での大規模水害対策を検討。報告書では広域の避難計画や孤立者の救助体制の整備などを求めたほか、地下街や地下鉄、商業施設など都市圏特有の広範囲な地下空間での避難誘導策も必要としている。(宋光祐)
    -------------

    返信削除
  96. 96. 9月 2010年04月02日 21:43
    >▽地球温暖化によって水位が60センチ上昇
    (笑)。
    恐怖を煽って煽ってお布施を稼ぐカルトそのもの。

    返信削除
  97. 97. 9月 2010年04月09日 13:53
    川口市地球高温化対策基金について」(2010/04/06):
    http://www.city.kawaguchi.lg.jp/ctg/28010249/28010249.html
    ◆川口市地球高温化対策基金の趣旨◆
    当基金は、「川口市地球高温化対策基金条例」に基づき、本市における地球高温化対策に係る事業の実施に充てるため、設置されたものです。
    多くの皆さまからの温かいご支援、ご協力をお待ちしております。
    --------------
    「温暖化」じゃ..インパクト弱いんじゃね?
    んー、、、
    よしっ!!
    「地球“ 高 温 化 ”」!!!
    これで、寄付金ガッポリだじぇ!(笑)

    返信削除
  98. コメントも含め、すんごいこゆいエントリ… コピペお疲れサマー(笑)。

    で、どかな?

    「NOAA 地球温暖化詐欺 巨大な震源地」(ぐぐる先生)
    https://www.google.co.jp/search?q=NOAA+%E5%9C%B0%E7%90%83%E6%B8%A9%E6%9A%96%E5%8C%96%E8%A9%90%E6%AC%BA+%E5%B7%A8%E5%A4%A7%E3%81%AA%E9%9C%87%E6%BA%90%E5%9C%B0

    返信削除
  99. >コピペお疲れサマー(笑)。

    97件のコメントコピペに1時間掛かりました。
    ちゅかれた。

    >「NOAA 地球温暖化詐欺 巨大な震源地」

    そのキーワードだとやっぱり私のブログはヒットしません。
    どうゆうことよ!? >ぐぐる先生

    返信削除
  100. "IPCCはこのウソに2008年の段階で気付いていながら、訂正せずにずっと黙っていたそうで、極めて悪質。"
    https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=chrome-instant&ion=1&espv=2&ie=UTF-8#q=%22IPCC%E3%81%AF%E3%81%93%E3%81%AE%E3%82%A6%E3%82%BD%E3%81%AB2008%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%AE%B5%E9%9A%8E%E3%81%A7%E6%B0%97%E4%BB%98%E3%81%84%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89%E3%80%81%E8%A8%82%E6%AD%A3%E3%81%9B%E3%81%9A%E3%81%AB%E3%81%9A%E3%81%A3%E3%81%A8%E9%BB%99%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%9F%E3%81%9D%E3%81%86%E3%81%A7%E3%80%81%E6%A5%B5%E3%82%81%E3%81%A6%E6%82%AA%E8%B3%AA%E3%80%82%22

    これも私のブログはヒットしません。
    もしかして、タイトル以外はぐぐる八部ってこと!?

    返信削除
  101. ✕ぐぐる八部
    ◯ぐぐる八分

    返信削除
  102. ブログが見つかりません
    お探しのブログは存在しません。ただし、「 eptember735 」という名前は登録できます。
    http://eptember735.blogspot.jp/2014/05/stap.h

    は?(笑)

    返信削除
  103. あ、「s」が抜けてた(笑)。

    返信削除
  104. 【群馬】館林の“ズル林”疑惑は「濡れ衣」か 気象台、関係者が完全否定:
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1407830923/

    22 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/12(火) 17:22:50.88 ID:O87gsJGO0
    ズル林アメダス
    http://www.asahi-net.or.jp/~rk7j-kndu/tabi/tabif/124tatebayashi02.jpg

    図解
    http://kie.nu/22-E
    ---------------

    もう、気象観測の連続性ってとっくに失われてるでしょ。

    返信削除
  105. アレバだったから失敗、世界最高のオールジャパンだったら大丈夫だった...とか言ってる人は、「もんじゅ」はどうするの!?「日立製作所・東芝・三菱重工業・富士電機」が製造したんでしょ。なのに、あの有り様...。最近の日本礼賛記事って日本が優秀という刷り込みで国民騙ししてるだけでしょ。

    返信削除
  106. アレバも日本企業も政治と官僚と結託してるだけ(笑)。そして税金をむさぼる...。

    返信削除
  107. さる乞食アレバ詐欺もまかり通る…
    https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%B5%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%82%B8+%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%90+%E7%A6%8F%E5%B3%B6

    返信削除
  108. 【科学・医療】停止中の仏製の汚染水処理装置を廃止へ:
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1407797361/

    東京電力は、福島第一原子力発電所で3年前に導入されたものの、トラブルが相次いで僅か3か月で停止したまま稼働しない状態となっていた
    フランス製の汚染水処理装置を廃止することを決めました。しかし、この装置にかかった費用は「明らかにできない」としています。

    東京電力は、福島第一原発の事故発生から3か月後、高濃度の汚染水がたまり続けている対策として、フランスの原子力企業「アレバ」製の処理装置を導入しました。
    この装置は、化学物質などを使って汚染水に含まれるセシウムなどの放射性物質を取り除くもので、東京電力は導入から3か月間で7万6000トンの汚染水を処理したとしています。

    しかし、運転を始めた直後からポンプが停止するなどのトラブルが相次いで停止し、その後、別の装置が導入されたこともあり、3年近くにわたって稼働していない状態が続いていました。
    この装置について、東京電力は、高濃度の汚染水を処理したために放射線量が高く、毎月行われる維持・管理作業のための作業員の被ばくが大きいとして廃止することを決め、近く、原子力規制委員会に申請することにしています。

    東京電力は「初期の汚染水処理に役だった」としていますが、この装置の導入や維持にかかった費用については「経営にかかわることで公表できない」としています。
    ----------------------

    >費用については「経営にかかわることで公表できない」

    莫大な税金を使っておきながら、何という言い草。
    でも、それがまかり通る異次元国家ニッポン...。

    「アレバの汚染水処理費用1トン2億円..というデマ?」:
    http://blog.livedoor.jp/nagatsuki07/archives/1797801.html

    結局いくらかかった訳?

    返信削除
  109. 「青森 アレバ」:
    https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=chrome-instant&ion=1&espv=2&ie=UTF-8#q=%E9%9D%92%E6%A3%AE%20%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%90

    「日本原燃 アレバ」:
    https://www.google.co.jp/webhp?sourceid=chrome-instant&ion=1&espv=2&ie=UTF-8#q=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E5%8E%9F%E7%87%83%20%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%90

    「六ヶ所再処理工場」:
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E3%83%B6%E6%89%80%E5%86%8D%E5%87%A6%E7%90%86%E5%B7%A5%E5%A0%B4

    最大処理能力はウラン800t/年、使用済燃料貯蔵容量はウラン3000t。2010年の本格稼働を予定して、現在はアクティブ試験という試運転を行っている。試運転の終了は当初2009年2月を予定していた。しかし、相次ぐトラブルのため20回延長。2013年12月には、2014年10月に完成時期を設定している[1]。これら延期のため、当初発表されていた建設費用は7600億円だったものが、2011年2月現在で2兆1930億円と約2.8倍以上にも膨らんでいる
    (部分抜粋)
    --------------------

    枡田耕作
    ‏@km802jp
    仏アレバ社、青森県六ヶ所村の核燃料再処理施設を7600億円で受注したのに、因縁つけて2兆円まで膨らませた悪徳会社。今回は何兆円の請求書が来る事やら。◆【放射能漏れ】仏アレバCEO「汚染水処理、十分に可能」 - MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/economy/news/110419/biz11041920300030-n1.htm …
    ---------------------------

    日本は一体アレバに何兆円注ぎ込んでる訳?

    返信削除
  110. 【社会】東電、福一で「氷の壁」断念か?建設に国費320億:
    http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1407978053/

    福島第1、凍らない「氷の壁」断念か 別工法も 19日に規制委が検討
    http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140814/dst14081408090001-n1.htm

     東京電力福島第1原発海側のトレンチ(地下道)に滞留する汚染水を遮断するための「氷の壁」が3カ月以上たっても凍らない問題で、7月末から投入している氷やドライアイスに効果が見られないことから、政府が「氷の壁」の断念を検討し、別の工法を探り始めたことが13日、分かった。
    政府関係者によると、19日に原子力規制委員会による検討会が開かれ、凍結方法の継続の可否について決めるという。

     氷の壁は、2号機タービン建屋から海側のトレンチへ流れ込む汚染水をせき止めるため、接合部にセメント袋を並べ、凍結管を通し周囲の水を凍らせる工法。4月末から凍結管に冷媒を流し始めたものの、水温が高くて凍らず、7月30日から氷の投入を始めた。

     しかし氷を1日15トン投入しても効果がなく、今月7日からは最大27トンに増やしたが、凍結が見られなかった。
     12日までに投じた氷は計約250トンに上る。ドライアイスも7日に1トン投じたものの、小さい配管に詰まってしまい投入を見合わせ、12日に再開した。

     氷の壁が凍結しないことは、規制委の検討会でも有識者から指摘されており、「コンクリートを流し込んでトレンチを充(じゅう)填(てん)すべきだ」との意見があった。
    政府関係者によると、19日に予定されている検討会では、氷投入の効果を評価した上で、効果がないと判断されれば代替工法の作業に着手するという。

     規制委は、トレンチにたまっている汚染水が海洋に流れ出す恐れがあることから「最大のリスク」と位置付けており、早期解決を目指している。
    特に凍結管の中に冷媒を通して水分を凍らせる技術は、1~4号機周囲の土中の水分を凍らせる「凍土遮水壁」と同じで、氷の壁が凍土壁にも影響しないか懸念を示している。

     氷やドライアイスの投入について、東電の白井功原子力・立地本部長代理は「十分な検討が不足していたという批判はその通り。失敗を次の糧にしていく。
    当初予定していたことができないことはあり得る」と話している。(原子力取材班)

    関連
    凍土遮水壁国費320億円投入
    http://sankei.jp.msn.com/smp/affairs/news/140609/dst14060919320014-s.htm
    ------------------

    これが成功すると思ってたとしたら、とんでもない馬鹿だけど、
    でも、失敗するって分かってて、利権の為に強行したんでしょ。

    「凍土方式」とは?福島第1汚染水対策で経産相が東電に指示(ロイター):
    http://www.huffingtonpost.jp/2013/05/30/nuclear_power_n_3359261.html

    茂木敏充経済産業相は30日、東京電力<9501.T>の広瀬直己社長を呼び、福島第1原発で増え続ける汚染水の対処方法について、「凍土方式」という施工方式でプラント全体を取り囲む遮水壁を設置するよう指示した。政府の「汚染水処理対策委員会」の第3回会合の議論を踏まえたもの。

    凍土方式による遮水壁は、対策委において大手ゼネコンの鹿島<1812.T>が提案。具体的には、凍結管を地盤中に一定間隔で設置し、凍結管内で冷却材を循環させて、凍結管のまわりに凍土による壁を造成する。「遮水能力が高く、施工期間を短くできる」(茂木経産相)という。

    茂木氏は、「政府として一歩前に出る。経産省の中の廃炉関係の研究開発予算(13年度86億円)を活用して支援する」と述べた。広瀬社長は、凍土方式の遮水壁建設について「技術的課題もあるので、それをしっかりを踏まえる」などと答えた。

    経産相との会談後、同社長は記者団に対し、「技術的にも難しい対策なのは事実だが、全体プロジェクトをうまく管理して進めたい」と語った。凍土壁設置コストの見通しは不明だという。
    ---------------------

    経産省に鹿島(笑)。
    終わらないミッションでみんなで税金を食い潰す。
    そして、誰も責任を取らない...。

    返信削除
  111. 穴掘って埋めるだけの、典型的な「特定企業の景気対策」公共投資(笑)。

    返信削除
  112. >穴掘って埋めるだけの、典型的な「特定企業の景気対策」公共投資(笑)。

    次の別工法って何なんでしょうね?(笑)

    返信削除
  113. http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1407978053/58

    58 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/08/14(木) 10:12:21.50 ID:ZaPCCNFi0
    トレンチ凍らしてどうする?
     凍ったら、原子炉・タービン建屋に供給冷却水が、溢れる。

    返信削除
  114. 凍土壁と氷の壁:
    http://sankei.jp.msn.com/images/news/140814/dst14081408090001-p1.jpg

    凍土壁と氷の壁は別物なんですね。
    今回、氷、ドライアイスを投入して失敗したのが氷の壁。

    福島第一原発、汚染水防ぐ「氷の壁」凍らず断念か:
    http://www.huffingtonpost.jp/2014/08/13/fukushima-daiichi-nuclear-ice-wall_n_5676977.html

    返信削除
  115. ハッピー ‏@Happy11311 25 分
    海側トレンチは、最初の計画段階から複雑なトレンチ上部をガサッと撤去してコンクリートを流す工法をとれば終わってたかも知れないんだけど、今となっては凍結工法をなんとしてでも完遂させようと意固地になってるような気がして…。

    september ‏@september7357 19 分
    @Happy11311 万が一、氷の壁が成功して建屋内の汚染水のトレンチ流入を防げたとして、堰き止められた建屋内の汚染水はどこに行くんでしょうか?

    ハッピー
    ‏@Happy11311
    @september7357 処理量を増やすしかないんだけど、それも心配なんです。
    https://twitter.com/Happy11311/status/501646958994288640

    返信削除
  116. ハッピー
    ‏@Happy11311
    東電は年内に建屋から海側トレンチへの流出を止水し、トレンチ内の高濃度汚染水を処理する計画。だけど心配なのは、止水した段階で建屋内の処理量がいくらになるのか試算してるんだろうか…。地下水流入量も400tとか500tとか曖昧だし海側トレンチに流れ出ている量も曖昧だしね。
    https://twitter.com/Happy11311/status/501649153873555456

    ハッピー
    ‏@Happy11311
    続:現状設備で日量で800tの処理は無理だろうし。かといって冷却水の量でコントロールできるとも思えないし。海側トレンチを止水した場合サブドレン坑の水位が上がりそうな気がするんだけどサブドレン処理は、海洋放出が決まらないと稼働出来ないし。かなり色んな工事が年内に絡んでるんだよね。
    https://twitter.com/Happy11311/status/501650964177100800

    ハッピー
    ‏@Happy11311
    続:凍土壁も地中に干渉物が沢山あるし必ず同じように凍らない場所や把握できてない地下水脈とかあるはずで、見直しとかコンテプランとか検討しないのかなあ…。もう無理やりとか力任せで対策してちゃ、いつまでたっても先に進まないと思うんだ。時間かかっても確実な工法を選択すべきだと思うでし。
    https://twitter.com/Happy11311/status/501646175951286272

    返信削除
  117. 【環境】8月の世界平均気温、観測史上最高 - 米海洋大気局NOAA [14/09/19]
    1 :ゆでたてのたまご ★@転載は禁止:2014/09/19(金) 13:28:48.56 ID:???0
    8月の世界平均気温、観測史上最高
    【AFPBB News】 2014/09/19 11:48

    【9月19日AFP】2014年8月の世界の平均気温は陸上、海上ともに観測史上最高だったと、
    米海洋大気局(National Oceanic and Atmospheric Administration、NOAA)が18日、発表した。

    NOAAの月次気候報告書によると、今年の8月の世界平均表面温度は16.35度で、20世紀の8月の平均気温15.6度を約0.75度上回ったという。また、今年の1~8月の気温は1880年の観測開始以来、史上3番目に高かった。

    この傾向が続くと、2014年は全地球規模で記録的な暑さの年になるとみられ、地球温暖化の進行速度と 石燃料消費に対する新たな懸念が生じている。

    NOAAの気象学者、ジェイク・クラウチ(Jake Crouch)氏は報道陣に対し、今年の8月は「月別平均値との差が観測史上最高だった」と指摘。残る4か月間について「同様に平均気温を上回る傾向が続くと、今年は2010年を
    抜いて記録史上最も気温が高かった年になる」「9月~12月の各月が観測史上で上位5位以内に入れば、2014年は
    世界気温が記録史上最高の年になる」と述べた。(c)AFP

    ソース: http://www.afpbb.com/articles/-/3026399
    -------------------

    “何てこった! (CRUの)データベースには何百というダミーのステーションが登録されている。 しかも同じステーションのデータがあちこちに何度もコピーされている。 こいつは糞ったれだ!”
    彼はきっと、見てはいけない物を見てしまったのでしょう。
    CRUの使っていた気温データの多くはアメリカ海洋大気圏局(NOAA)から提供された物だったため、疑惑の目は必然的にNOAAに向けられましたが、蓋を開けてみるとNOAAこそ地球温暖化詐欺の巨大な震源地だったわけで・・・
    NOAAは温暖化を示す一部のステーションのデータだけを公表し、温暖化を示さない大多数のデータは破棄していたことが発覚。
    --------------

    NOAAのステーションデータなんて嘘っぱち(笑)。


    返信削除
  118. 伊藤公紀
    ‏@Itoh_Kiminori
    今年の南極海の海氷面積(黄色線)は、1979年からの衛星観測記録で最大に達した。
    http://arctic.atmos.uiuc.edu/cryosphere/antarctic.sea.ice.interactive.html

    返信削除
  119. 31 :名無しさん@0新周年@転載は禁止:2014/09/21(日) 07:24:03.07 ID:h1Wd3Jjy0
    >史上3番目に高かった

    あれれ?当初の予測では毎年記録更新して
    どんどん温暖化してくんじゃなっかったけ?

    北極の氷面積グラフ
    http://ocean.dmi.dk/arctic/plots/icecover/icecover_current.png

    返信削除