2014年12月27日土曜日

STAP細胞と理研とセルシードと三菱と...(追記あり)

小保方氏が返済不要の早稲田の奨学金を受給していた背景

2007年度推薦委員会委員 
速水清之進
元:千代田化工及び太平洋金属研究開発室長
河村宏(募金委員長)
現:三菱商事顧問
http://waseda-oukakai.gr.jp/gakusei/shougakukin/2007suisen-iin.html
-------------

小保方一夫 
韓国三菱商事常務理事・機械事業本部長
千代田化工建設取締役常務執行役員SQE・CSR・業務監査管掌

独立行政法人 物質・材料研究機構:
http://www.nims.go.jp/nims/advisors.html

特別顧問
岡野 光夫 (おかの てるお)
名誉顧問
岸 輝雄 2012年4月1日 NIMS理事長

研究不正再発防止のための改革委員会委員(理研):
http://www.riken.jp/pr/topics/2014/20140409_2/

委員
市川家國 信州大学医学部 特任教授
岸輝雄 新構造材料技術研究組合 理事長
塩見美喜子 東京大学大学院理学系研究科 教授
竹岡八重子 光和総合法律事務所 弁護士
中村征樹 大阪大学全学教育推進機構 准教授
間島進吾 中央大学商学部 教授、公認会計士
---------------

>岸輝雄

「共著者としてあり得ない」=理研改革委の岸委員長-笹井氏「ノート見てない」で(時事):
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201404/2014041800610&g=soc

>理研改革委の岸委員長

三菱財団:
http://www.mitsubishi-zaidan.jp/about/director.html

役員および評議員
理事 岸輝雄 非常勤 物質・材料研究機構顧問
理事 野依良治 非常勤 理化学研究所理事長

STAP細胞論文共著者と株式市場を結ぶ点と線 ver1.2(日本プロファイル研究所):
http://timetide.way-nifty.com/jprofile/2014/04/stap-83c9.html

富国生命ビル
23F-(独)理化学研究所 東京連絡事務所
23F-千代田化工建設(株)東京オフィス→小保方一夫(小保方さんの父上)が顧問(元取締役)

千代田化工建設:
2008年(平成20年 - 創業60周年を迎える。三菱商事と資本業務提携。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E4%BB%A3%E7%94%B0%E5%8C%96%E5%B7%A5%E5%BB%BA%E8%A8%AD

追記(05/21)
STAP捏造とセルシード株価不正操作の懐疑点:
http://read2ch.net/life/1396991461/

79:名無しゲノムのクローンさん[sage] 2014/04/16(水) 03:39:02.93
下から三行訂正。UBSが売り抜けたのは2014/1/30~31 という測ったようなタイミング 

空売り関連以外でもう1つ重要なセルシードの株取引は、2013年8月にUBSを第三者割当とした新株予約権を発行し、UBSはそれを2014/1/30~31で売り抜けている事、
それで得た出資金でセルシードは監査法人の「継続性の疑義」の指定を解消しているが、そもそもその疑義が出ている状態でUBSが第三者割当を引き受けること自体が奇跡的。 
何らかのインサイダー情報の提供、および何者か(恐らくかなりアングラな勢力)の債務保証を受けていたはずで、この点だけでも犯罪性高。
(部分抜粋)
---------------------

三菱商事 UBS リアルティ:
http://www.mc-ubs.com/

三菱商事UBSリアルティは、総合商社の三菱商事と欧州を代表する金融機関であるUBSが合弁により設立した資産運用会社です。
-----------

(笑)。
-----------

(追記 2014/12/27)

安倍首相卒業の成蹊大学って三菱財閥なんですね(笑)。

成蹊と三菱の関係:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%90%E8%B9%8A%E5%A4%A7%E5%AD%A6#.E6.88.90.E8.B9.8A.E3.81.A8.E4.B8.89.E8.8F.B1.E3.81.AE.E9.96.A2.E4.BF.82

・成蹊学園初代理事長・岩崎小弥太以来、三菱金曜会のトップが成蹊学園の理事長を務めている。
・創立者中村春二は三菱と直接関係はないが、中村春二を支援し、成蹊学園創立に賛助員として尽力し、約24年間成蹊学園の理事長を務めたのが三菱財閥4代目総帥の岩崎小弥太であるため、三菱との関係が生まれた。ただし、三菱グループに所属しているわけではない。
(略)
・2007年4月から、成蹊大学・成蹊高校の留学制度を利用して海外に留学する学生の中から、成績が優秀であり、高い留学成果を期待できる派遣留学生を対象とした「成蹊学園三菱留学生奨学金」を導入している。


そして、安倍首相の兄の安倍寛信氏は三菱商事パッケージングの代表取締役。

三菱商事パッケージング株式会社:
http://www.mcpackaging.co.jp/concept/statement.html
---------------

(追記 12/28)

コメント欄の時系列から重要な部分を抜粋。

2012年12月 笹井 竹市の依頼で論文執筆アドバイザーに
2013年1月11日、安倍首相、CDB訪問で野依氏・笹井氏に案内される
2013年03月 安倍首相 TWInsを訪問。セルシードの「自動細胞シート積層装置」などを視察 
        「成長戦略の中において再生医療を中心に、国家資金を集中的に投入していく」
2013年03月 小保方氏「細胞リプログラミング研究ユニット」のリーダーに抜擢、5年契約の大抜擢。                ここはハードル高い。こんな話は理研のトップ以上の強い指示がない限り、「笹井の個人的な入れ込み」「小保方の2年間の評判」などでは成しえない。
2013/07/10 「再生医療等基準検討委員会」の名称で、経済産業、厚生労働、文部科学の3省の                   担当者や有識者で構成。座長には、岡野光夫・東京女子医科大教授が就任した。
2013年08月 セルシード 論文掲載を確信して?UBSに新株予約権割当
        (UBSはそれを2014/1/30~31で売り抜けている)
2013年12月20日 論文掲載受理
2014年01月28日 STAP細胞を記者会見で発表
2014年01月30日 セルシード株価がストップ高
-------------

(追記 2015/01/04)

ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング:
ベンチャーキャピタルの三菱UFJキャピタルが出資し設立されたバイオベンチャー。株式会社セルシードと共同研究開発基本契約を締結。富士フイルム株式会社と資本・業務提携契約を締結。

チャールズ・バカンティ:
ティッシュ・エンジニアリング学会・学会誌の主宰者
「ミミネズミ」はヴァカンティ教授らのチームが、ティッシュ・エンジニアリング Tissue Engineering の技術を使って造り出した改造マウスである。
-------------

ティッシュエンジニアリング、セルシード、富士フィルム、バカンティ、三菱UFJキャピタル。
ここも三菱繋がり(笑)。


(2014/05/20)(12/27)(12/28)(2015/01/04)

2014年12月20日土曜日

STAP細胞会見の裏側

STAP細胞 再現できず(NHK):
12月19日 22時35分
http://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2014_1219.html

万能性を持つ証拠だとされた緑色に光る細胞を覚えていらっしゃる方も多いと思いますが、これらのデータはいったい何だったのでしょうか。
会見で記者から問われた相澤チームリーダーは、しばらく沈黙したあと「われわれはSTAP細胞の再現実験を請け負っただけなので、その結果再現できなかったとしか話せない。かけ離れたデータが論文に掲載されているのはどういうことによるのか答えることはできない」と述べました。
さらに1人の科学者としての見解を聞かれても「この場では答えを差し控えたい」として、みずからの見解は示しませんでした。



19日の発表によって、STAP細胞の問題は、細胞があるのかどうかという段階から、そもそもなかったものを出来たと論文にして発表したのではないかと疑念が持たれる段階になったと言えます。
論文に書かれた細胞の正体は何なのか、そして、なぜそんな論文が理化学研究所という日本を代表する研究機関から出されたのか、こうした疑念に調査委員会が今後どう答えていくのか注目されます。
(部分抜粋)
-----------------

真相は闇の中で関係者大団円の幕引きですね。

STAP問題:文科相「理研、説明責任果たした」:
毎日新聞 2014年12月19日 11時15分(最終更新 12月20日 10時18分)
http://mainichi.jp/select/news/20141219k0000e040184000c.html

 理化学研究所が19日の記者会見でSTAP細胞の存在を事実上否定したことを受け、下村博文・文部科学相は同日の閣議後会見で「今回の発表で説明責任が果たされるものと認識している」と語った。そのうえで、理研を世界最高水準の研究開発を目指す「特定国立研究開発法人」に指定する法案について「理研が生まれ変わったという信頼が確保される状況なら来年の通常国会への法案提出を考えたい」との意向を示した。
---------------------------

時埜端片
‏@tokino_kakera
「三菱商事UBS セルシード 安倍寛信」 http://bit.ly/1w5dOpe
「三菱 安倍寛信」 http://bit.ly/1w5dXZF
「STAP 三菱 安倍寛信」 http://bit.ly/1r68Uwy
 http://bit.ly/1w5ezi3
https://twitter.com/tokino_kakera/status/545891031258894337

STAP細胞の懐疑点 PART681:
http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/life/1409548709/753

>(6)安倍寛信 小保方一夫
>安倍晋三の兄は三菱商事の代表取締役・安倍寛信である。東大法学部卒である。
>1974年4月、小保方一夫氏は三菱商事に入社した

小保方氏が特別待遇されていたのは、バックに安倍首相と三菱があるからだということは分かってたけど、安倍首相の兄も関わってたんだ...(笑)。
今回の真相は闇の中、小保方氏自主退職による幕引きでまっくろくろすけたちのの利権は守られたんでしょう...。

関連エントリ
STAP細胞と理研とセルシードと三菱と...:
http://september735.blogspot.jp/2014/05/stap.html

2014年12月12日金曜日

ミンスガー!ミンスよりまし!の大嘘


年度別GDP推移グラフ。

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4593.html

民主党時代に着実に上げてたGDPを思いっきり暴落させたのがアベノミクスですね。

あと、2ちゃん、ツイッター等でアベノミクスは成功だったのに、消費税増税が水を差したというのも大嘘。

去年の10-12月期GDPはマイナス1.6%。
このマイナスって明らかに消費税関係なしの円安政策によるマイナスですよね。
つまり、この時点でアベノミクスは破綻してるってことでしょ。

しかも、今回のGDP改定値をBBC等の海外メディアはトップニュースで流したのに、皆様の公共放送であるNHKニュース7、9は完全スルーしました。

【これは酷い】NHKのニュース7と9、GDPの下方修正をスルー!報ステでは報道するもNHKは全く触れず! 

http://saigaijyouhou.com/blog-entry-4752.html
---------------

安倍、籾井、百田...で情報統制(笑)。

倒産件数自体は今のところは24年振りの低水準を維持して...の嘘。

2013年「休廃業・解散企業動向」調査 年間倒産の2.6倍:
http://www.tsr-net.co.jp/news/analysis/20140210_03.html


今のアベノミクス政権では、将来倒産しか見込めないから、それよりは債権者に迷惑を掛けない自主廃業を選択してるってことでしょ。

それでも、「ミンスガー!」とか「ミンスよりまし」って声高に言ってるのが、ネトウヨ首相ですね。
「Jカーブ」、「トリクルダウン」(笑)。

1997年 鳥インフルエンザ香港事例への疑念

情熱大陸 高田礼人 情熱語録:
http://www.mbs.jp/jounetsu/2010/02_28.shtml

(エボラウイルスに感染して死ぬのは怖くないのか?)
もし、俺、アフリカで感染したら絶対感染したまま日本に帰ってきますから。
(何故ですか?)
それくらいやらないと、日本でそういうことが起きないと、
日本にBSL4(バイオセーフティレベル4:危険性が最高レベルの4である)
施設を作りましょうってならないんだもん。
-------------------

これが現在のウイルス、ワクチン最先端の人の考え(笑)。
(2014/10/05追記)
----------------

(2011/02/18のイザ!ブログより転載)。
http://nagatsuki07.iza.ne.jp/blog/entry/2160454/

世界の環境ホットニュース[GEN] 786号 11年2月16日
宮崎口蹄疫騒動を検証する 原田 和明
第33回 1997年の香港事件
(略)
ちなみに、このときの香港衛生署の署長は、WHOで「新型インフルエンザ」対策の責任者となっているマーガレット・チャンです。彼女は「香港事件」での功績?が認められてWHOに栄転しています。
(略)
鳥インフルエンザは鳥からヒトへと感染すると考えられるわけですが、1997年の香港事件では、どうしたことか、ヒトでの感染が続出していた12月中旬まで、香港では鶏にも家禽類にもインフルエンザは流行していません。香港で鶏の間にインフルエンザが流行し始めたのは12月下旬からで、鶏での流行はヒトの流行の後なのです。
死者はすべて鶏の感染が始まる前に発症しています。つまり、このとき、ヒトは何から鳥インフルエンザウイルスをもらったのかわかっていないのです。